いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

「横柄・理不尽・身勝手」にゲンナリ!接客の仕事で、思わずお客に”イラっときた”瞬間

イラっときたお客
働くママの中には、接客業に就いている方も多くいらっしゃるでしょう。言わば”お店の顔”として、さまざまなタイプのお客さんに対応する接客のお仕事。お客との関わりにやり甲斐を感じる一方で、困ったお客にストレスを抱える日もあるかもしれませんね。今回は、ママスタコミュニティに集まった「思わずイラッとくるお客」の姿をご紹介。あり得ないハズなのに意外と多い、厄介な客”あるある”で、ママたちのお仕事のモヤモヤが吹き飛んだら幸いです。

「横柄なお客」編

お店にとって大切なお客様。だからと言って、お客の尊大な態度にはスタッフは内心ムッとしています!

『お箸がいるか聞いたら「いらな~い」、カードがあるか聞いたら「ううん~」。なんかもうね……イラッとする』

『支払いのとき、小銭をトレイに乱暴に投げるように入れる客。そして、レシートやお釣りをひったくるようにして受けとる客』

『もう「何があったの?」っていうくらい、めっちゃ不機嫌な客』

『夫婦で来店したお客で、夫の方が店員を見下すタイプだった。タメ口で、こっちが困るような質問ばかり……本当に腹が立った。奥さん、よくこんな男と結婚したなと思った』

「理不尽にイラつく客」編

「お金を払って買ってやってるんだぞ!」という偉そうな心理が透けて見えるようなお客は、理不尽にスタッフにキレてもいい、という勘違いもしているようで……?

『閉店近くに来て、商品をだらだら物色していたくせに、会計のときには「早くしろ!」と急かす客』

『声が聞きとりづらく、二度「申し訳ありません、もう一度よろしいですか?」と聞いたら、「あなたと話していると疲れるわ!」と大声でマジギレされた。大きい声が出るなら、最初からそうしてください!』

『お釣りを500円玉でほしいんだろうな、という支払い方をしたおじさん。だけど10円足りず、それを伝えるとキレて「ぶっ殺すぞ」と言われた……』

「身勝手なお客」編

お客の立場としては、お店やスタッフにそこまで神経をつかう必要はないでしょう。でも、混雑時の気遣い、サービス内容の事前確認など、ある程度はお客として心得ておきたい事項があるハズ、ですよね?

『空気を読まず、しつこいお客。笑顔で接客するのは仕事だから! 勘違いして「好かれている」と思い、話をしたがって開放してくれない。忙しいときでもお構いなし』

『クレームがつかないよう事前に説明して、お客は納得していたくせに、そのときになるとゴネ出す、じいさんやおばあさん。正直、わがままな年配相手の接客がいちばん疲れる』

『ずいぶん悩んで買い物していたから、返品の可能性もあると思い、しっかりレシートを渡した。その後やはり返品に来たので、「レシートは?」と聞くと、「もらっていない! え、渡したって? じゃあどこにレシートやったのよ!!」って……知らん! レシートがないと返品不可なこと、分からないものかな?』

「思わずツッコミを入れたいお客」編

接客する側としては実際にできませんが……お客さんの”まさか”の発言に、思わず「おいッ!」とツッコみたくなるシーンもあるようです。

『プリンひとつを買ったお客さんに、スプーンを持ち帰るか聞いたら「は? 何に使うの?」と言われた。……え? 逆に何で食べるの?』

『こちらの話し方を真似してきたおじいさん。高めの声で接客することを指導されているから、「カードでお支払いですか?」と声高めで聞いたら、「カードでお支払いですぅ~~」みたいな……うざかった』

『「タール3mgのタバコなら何でも良い」と言われ、「では、メビウスの3mgでいいですか?」と聞くと、「違う」とか言って何を買うかずっと悩んでいる人。何でも良くないやん!』

『イラっとするのとは違うんだけど……自分で「学生様です」と「様」をつけて言ったり、「濃厚豚骨」を「のうあつブタコツ」と読んだりする学生諸君には、「きみたち、もっと勉強を頑張れよ?」と思う』

以上、ママたちが「接客の仕事でイラっときた瞬間」でした。
お客だからと、いつでも何でも”上から目線”は困りもの! 「お客様 対 お店のスタッフ」という関係性以前の、「人」としての関わり方に難アリ、というお客様たちには、ぜひとも改心していただきたいものですね……。

厄介なお客エピソードの数々を受けて、ママたちの頑張りを労うコメントも届いています!

『接客業のママたち、毎日本当に頑張っているよね。お疲れ様です。明日も頑張ろうね』

日々笑顔で、さまざまなお客様に向きあうママたち、いつも気持ちの良い接客をありがとうございます!

文・福本 福子 編集・山内ウェンディ

関連記事

ストレスの原因は仕事・夫・義親!?ママたちを襲った”壮絶”な症状の数々
日々家事・育児・仕事などに追われ、ストレスを感じながら暮らすママはきっと多いことと思います。毎日本当にお疲れ様です! そして心痛むことに、ママの精神的負担があまりにも大きくなると、心身に重大な症状が現...
職場の人が仕事をしないけど同じ時給だから損!自分も頑張らなくてもいい?
仕事に対する考え方は人それぞれでしょう。異なる考え方の人が働く職場ではこの考え方の違いから「一緒に働きづらいな」ととらえられてしまうこともあるようです。ある人が同じ職場の人の仕事への取り組み方...
結婚後や産後の仕事選びは“やりがい”優先?それとも……?働くママの仕事事情
子どもが生まれると、子どものお世話や時間の都合などで、それまでの仕事から離れてしまうママもいるのではないでしょうか。その後、子どもが少しママの手を離れたタイミングで仕事に復帰したママたちは、自...
参考トピ (by ママスタコミュニティ
接客業をしている方、イラッときた客はどんな人?