いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

おしりふきシートのフタを毎回貼り替えなくてもいい裏技をご紹介!ウェットティッシュにも使えます #SNSウォッチ

Closeup woman hand holding wet wipes from package. healthcare, p

おしりふきやウェットティッシュって便利! 子どものおむつに食事に奮闘する子育てママなら、心から実感しているものではないでしょうか? ただおしりふきやウェットティッシュを頻繁に使っていると、粘着テープでできている取り出し口が汚れ、結果的に中身が取り出しにくくなったり中身が乾いたりすることがあります。そうなる前に活躍するのが、市販の「プラスチックのフタ」です。SNSで話題になっている、便利で簡単な方法をご紹介します。

おしりふきにプラスチックのフタがあると便利!

市販のプラスチックのフタを、おしりふきやウェットティッシュの取り出し口につけると、中身を取り出しやすくなったり、中身が乾かずに済んだりします。ママスタBBSにはおしりふきシートやウェットティッシュを使っているママたちから、プラスチックのフタの活用でおしりふきが使いやすくなる、乾きにくくなるといった声が寄せられています。

『前は外出用のおしりふきが乾いて困ったことがあったけど、使ってからは乾かない』

『めちゃくちゃ便利』

『外出用のおしりふきや、ウェットティッシュに使ってるけど、便利だよ!』

『おしりふき以外にも掃除用のウェットシートにも使える』

『今まで特にいらないかな~と思ってたけど、使ってみたらすごくいい!』

ただプラスチックのフタはとっても便利なのですが、シートを使いきると新しいものに付け替えるという手間がかかっていました。

そこで付け替えが面倒だと感じていたママたちに、SNSで話題の、簡単に作ることができるおしりふきケースをご紹介します。

中身だけ交換できる便利なケースを100円ショップのグッズで簡単自作

それがこちらの投稿。
紹介されているおしりふきケースの作り方はとっても簡単です。
①100円ショップでジッパーケースを購入
②シートの取り出し部分となる場所をハサミでカット
③カットした部分にプラスチックのフタを貼って完成。

これだけで、簡単おしりふきケースができちゃうんです。この中におしりふきをパッケージごと入れて使用します。
この投稿で紹介されているのは透明のジッパーケースですが、その他にもデザインがあるものや、取り出し口が最初から開いているものなどもあるそうです。お店で好きなデザインのものを購入し、上記の作り方を応用すれば、便利で使いやすい、しかもお好みのデザインのおしりふきケースのできあがり。透明のものを使って中身がすぐわかるようにするか、デザインや色で使いわけするなど、いろいろ工夫して楽しめそうですね。

もちろん、おしりふきだけではなく、ウェットティッシュや掃除用のウェットシートなどのケースとしても使えます。

これまで、おしりふきの取り出し方や乾燥に悩んでいた方。また、毎回のフタの付け替えが面倒だった方は、ぜひこの方法を試してみてくださいね。

文・鈴木じゅん子 編集・しらたまよ

関連記事

フィットして冷やしやすい!家庭にあるもので簡単に作れる「凍らせタオル」で熱中症対策 #SNSウォッチ
暑さを感じる季節になり気温が高くなると、天気予報では必ずと言っていいほど「熱中症にご注意ください」という言葉を聞きますね。熱中症を防ぐためにはこまめな水分、塩分補給が必須。その他に室内の気温を...
気づけば溜まるマグネット広告 ひと工夫で子どもが喜ぶアイテムに大変身 #SNSウォッチ
郵便受けに投函される数々のチラシの中に、「これ、作るのにお金がかかっているんだろうな……」と筆者が感じるものがあります。 それは、マグネットタイプの広告。スマホより一回り小さいくらいのサイズ...
親の心にも響く「娘に伝えたい10か条」 #SNSウォッチ
SNSで話題になっているものや、友人から紹介されるものに胸打たれることがあります。 yumekanau2さん(@yumekanau2)がシェアした投稿 - 2017 11月 5 1:...
参考トピ (by ママスタジアム
おしりふきにつける、ワンタッチのふた