いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

フィットして冷やしやすい!家庭にあるもので簡単に作れる「凍らせタオル」で熱中症対策 #SNSウォッチ

S__15450325

暑さを感じる季節になり気温が高くなると、天気予報では必ずと言っていいほど「熱中症にご注意ください」という言葉を聞きますね。熱中症を防ぐためにはこまめな水分、塩分補給が必須。その他に室内の気温を涼しくしたり、外に出る場合はできるだけ通気性の良い服装を着たり、冷却グッズを活用したりするなどが挙げられます。

この中の「冷却グッズ」についてTwitterに投稿されたあるつぶやきが大反響となっています。

「困った」を解決するために考えついた「凍らせタオル」


MiyataMiho/デザイナーイラストレーターさんが投稿したこちらのツイート。
投稿4日目にして1万を超えるリツイート、1万5千を超える「いいね」がついています。

この「凍らせタオル」を作るために用意するのは、タオル、袋、冷蔵庫、水道水だけ。どこのご家庭にもあるもので、誰にでも簡単に作ることができるのが大きなポイントです。

投稿者であるMiyataMiho/デザイナーイラストレーターさんに、この「凍らせタオル」の使い方や作り方のポイントについて聞いてみました。

『熱中症対策としてよく使う保冷剤は、凍っている状態では体にフィットしてくれません。それに比べて「凍らせタオル」は体にフィットするので、体のどのパーツでも冷やしやすいです。外出時だけではなく、室内で過ごすときにも首や脇などのリンパを冷やせば、エアコンの使用量を減らせるかもしれません。

また一本一本ビニール袋に入れて作れば、毎日の通学出勤時にさっと持って出かけることもできます。ビニール袋はペラペラの薄手の袋がオススメです。持ちやすいですし、「凍らせタオル」自体は何度も繰り返し使えるから、地球にもおさいふにも優しいです。最後は汗のベタつきを拭き取れるのも「凍らせタオル」ならでは。しかも意外と長持ちです』

家族みんなで使える「凍らせタオル」は暑い日には欠かせないアイテムに!

気温が高くなりそうな日の前には、数本作って冷凍庫にストックしておきたいですね。子どもだけではなく、仕事に出かけるお父さんにも持たせて、家族全員の熱中症対策として作り置きをおすすめします。

「凍らせタオル」をツイートしたMiyataMiho/デザイナーイラストレーターさんは、フリーランスのデザイナー兼イラストレーター。「凍らせタオル」と同様、お母さんや働く女性の「困った」を解消したいという想いで、さまざまなグッズを商品化しているのだとか。中でも「おかあさんのためのToDoリスト」は、忙しすぎるお母さんたちを助けるアイデアグッズとして人気を集めているそうですよ。

「凍らせタオル」を投稿したMiyataMiho/デザイナーイラストレーターさんが運営するサイト、ヨゾラデザインウェブサイトもご覧ください。子育て・家事・仕事が楽しくなるアイデア雑貨が見つかるかもしれませんよ。

 

文・鈴木じゅん子 編集・しのむ

関連記事

どれを飲ませる?熱中症予防に効く飲み物を比べてみました!
「子どもは熱中症になりやすいので、ママが気をつけてあげてください。」と、よく言われますよね。 7・8月は、熱中症になる人が、いちばん多い時期です。子どもが、公園で遊んだり、スポーツをする時に、皆...
全国の公立小中学校のエアコン設置率は約4割。子どもができる「熱中症対策」とは?
夏の平均気温の上昇傾向が続いています。近年の暑さを一言で表すと「灼熱」、まさにこの言葉に尽きるのではないでしょうか。ニュースでは熱中症で救急搬送された人数が連日報道されているのを耳にするのでは...
子どもの「車内熱中症」には要注意!「チャイルドシート」の暑さ対策とは
夏は屋外や屋内の暑さも気になりますが、特にこたえるのが、車の中の温度。ドアを開けるとムワッと立ち昇る熱気や、やけどしそうに熱い座席のシート……。車を出すたびにげんなりしてしまいますよね。大人で...