いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

胚盤胞は生命か?ふたりめの子を凍結胚盤胞移植で妊娠するまでの葛藤

※イラストはイメージです

『受精卵は、2分割→4分割→8分割と分裂を続け、およそ5日目には「胚盤胞」と呼ばれる着床前の状態に至ります。胚盤胞まで発育した良好胚を移植できるため、着床率が高いのが特徴です。(Asca ladies clinicより引用)』

ここまで精子と卵子がたどった長い旅路。産むか産まないか、親としての葛藤。移植して、着床して、無事すくすくと成長して。いくつもの運命の分かれ道を経た我が子。
この腕に今抱いている赤ちゃんは、奇跡の連続の結果、この世に生まれてきたんだなと思いました。

脚本・大島さくら イラスト・上野りゅうじん

関連記事

かつて放置子だった私。大人になっても実母の気持ちがわからない #毒親日記
脚本・渡辺多絵 イラスト・上野りゅうじん...
「子どもがかわいそうだから、泣いたら絶対抱っこして!」と強いる夫が身をもって知ったこと
脚本・のんたんといっしょ(ママスタセレクトへの応募より) イラスト・上野りゅうじん...
「お腹の子の性別が希望通りじゃない」と悩んでいたマタニティ―ライフはなんだったのかという話
文・大島さくら イラスト・上野りゅうじん...