いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

<生理前がツライ>家事に育児。休めないママはイライラ。夫「機嫌悪いの態度に出すな」【前編まんが】

私の名前はリエ。とある地方在住の専業主婦です。1歳のひとり息子がいます。
可愛い息子の成長を見守る楽しい毎日……のはずなのですが、私にはとある悩みがあります。それは……。
脚本ー2022年2月_前1
「月経前症候群(premenstrual syndrome: PMS)」といって月経周期に伴う女性ホルモンの変化がさまざまな不調を引き起こすのだそうです。
しかし私の場合、このさまざまな不調も生理が始まるとスッ……と消えてしまいます。

PMSは生理痛やつわりのように個人差があるらしく、女友達などに相談しても……。
「えっ、そうなんだー、大変だね。私、そういうのないから全然わからないけど」と、なかなか理解してもらえません。
独身の頃は、生理前のツライ時期はなるべく早く寝るようにしたり、ゆっくりお風呂に入って疲れを取ったり、大事な予定を入れないようにしたりしてうまく付き合っていました。
(私がツライのは生理前だけなんだから、この時期さえうまく乗り越えればいい)
そう思っていました。

しかし出産後は家事と育児に追われるようになり、月経周期とうまく付き合う……なんてできなくなってしまいました

脚本ー2022年2月_前2
そんなある日。
生理前の倦怠感やめまいが強く出ていて、朝からぐったりでした。
それでも家事育児は待ってくれません。息子にいつも通りご飯を食べさせ、オムツを替え、息子の布団を干し、洗濯、そして公園へ散歩に連れて行き……と、休む暇もありません。体調不良をぐっと我慢して、湧き上がるイライラをなんとか抑えながら、家事育児を半ばやけくそにこなし続けて、やがて夜を迎えました。
すると会社から帰ってきてソファでくつろいでいた夫のタツキが、こんなことを言いました。

脚本ー2022年2月_前3
夫はきょとんとしてこう言います。
「そんなの初めて聞いたよ。ホルモンバランスとか、女の人特有の症状は、ちゃんと教えてくれなきゃわからないよ、俺は男なんだし」
たしかにその通りなのですが、今はとにかく感情がコントロールできません。こんな風にやたらイライラしてしまうのも、PMSのやっかいなところです。
結局その日は険悪なムードで、夫とはそれ以上口をきかないまま就寝しました。
翌朝……予定より早く生理がきていました。それと同時にスッ……と今までの不快症状が消えていました。
気持ちが落ち着いたところで「昨日は悪いことをしたな……」と思いました。
ネットで見つけたPMSの記事を夫のLINEに送り、生理周期や次のPMSはいつ頃という情報を共有して「昨日はごめんね。PMSの時期は普段とまったく同じには振る舞えないけど、なるべく普段通りにできるようがんばるから、ちょっと様子が違うなと思ってもそっとしておいて」と送りました。このことをきっかけにPMSについてお互い情報共有し、理解しあえるといいなと思っています。

後編へ続く。

原案・ママスタコミュニティ 脚本・大島さくら 作画・てる 編集・秋澄乃

※この漫画はママスタコミュニティに寄せられた体験談やご意見を元に作成しています。

てるの記事一覧ページ

関連記事

<生理前がツライ>無理をして倒れてしまった!「ちゃんと伝えること」夫の理解を得た【後編まんが】
前回からの続き。私が月経前症候群(PMS)で体調が悪くなる体質であることを夫に説明して、なんとか理解してもらおうと試みました。しかし、やっぱりイマイチ伝わっていなかったようで……。 説明から2か...
<たかが生理痛!?>痛みに苦しむ娘。パパが突然「生理痛は甘えだ!」【前編:ダメパパ図鑑82人目】
小6の娘が初潮を迎えました。学校の同級生で生理がはじまっている子も多く、娘もそれなりに覚悟はしていたようですが、実際に生理がはじまると、少し不安そうにしています。 私自身も若い頃から生理痛が重い...
<娘の生理問題!義実家に宿泊拒否>娘「生理でつらい!」ホテルに泊まるのはわがまま?【前編まんが】
「親父が亡くなった」夫から連絡を受け、遠方に住む義父の突然の死を知ります。死因は心筋梗塞でした。 「俺、喪主だからこのまま実家向かうわ。子ども連れて、あとから来て」 義母は健在ですが喪主を務めるに...