いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

子どもに習わせて良かった習いごとってなんですか?その理由に迫る!

pixta_43247719_M

子どもが少し大きくなってくると、そろそろ何か習いごとでもさせようかなと思う方も多いでしょう。周りのお友だちが習いごとを始めると、ますますその思いも強くなるのかもしれません。

今回ママスタBBSに投稿されたのは、幼稚園の年中さんになるお子さんを持つママからの質問でした。

『幼稚園児、小中学生の子どものいる方、習ってよかったと思う習いごとは何ですか?』

習いごとはいろいろあるけれど、一体何を習わせたらいいのか分からない。あれもこれも気になるけど、子どもの体もママの体も1つしかない上に、予算もあるのでいくつも習わせることはできません。そこでママスタBBSにいるママたちへの質問となったようです。

習ってよかった習いごと教えて!

『「これはやってて良かった」と親が思う習いごとは何ですか?』

投稿者さんは子どもに何を習わせるのか考えるにあたって、人気のある習いごとのメリットについて考えてみたようです。

  • 水泳 泳げるようになる
  • 習字 字が綺麗になる
  • ピアノ 弾けたらいい
  • 公文 小学生で学力に差が出る?

今だけのことと考えず、子どもの成長や先のことを見据えて検討するのは良いことですよね。では実際にBBSに集まったママたちはどのような反応を見せたのでしょう。

やはり水泳が人気?

『水泳はやっといたほうがいいよ。高校とかで泳げないと補講受けないといけないし』

『武道は作法が学べるからいいよ』

『公文。年少で小1レベルになった』

続々と出てくるママたちからのオススメの習いごとたち。いつの時代も水泳は人気があるようで多くのママがオススメしていました。そこでここからは一番人気となった水泳を始めとする、ママたちのオススメの習いごとと、その理由について紹介してみましょう。

水泳がオススメな理由

『水泳は、やってて良かったというより「やらないと子どもが困る」って感じだよね。今の小学校は泳ぎを教えないし、そのくせ中学では泳げるのが前提の授業になってるし。本当に理不尽だわ』

『水泳だけしか習ってないから他は何とも言えないけど、水泳は習っておいて良かったかな。まず、熱出さなくなったし体力がついた』

水泳の魅力というと体力面のメリットがあげられていました。しかしそれと同じぐらい多かったのは、学校の水泳の授業で困るからという声でした。ママたちの声をみていると、小学校だけではなく中学校でも高校でも同じように、習っていて良かったと思うママが多いようです。

表現力を鍛えられる?芸術系も人気

『絵画造形クラブ。自由な発想が身について、手先が器用になりました。想像力豊かになってほしくて、続けてます』

『個人的には、ピアノを習ってて音感が良くなったと思う。ピアノ自体も役に立ったこともあるし、楽譜がすらすら読める。歌とかも音程や拍子を自然と意識するから比較的すぐ正確に歌えてカラオケとか楽しい』

『ピアノかな。「弾ける」よりも「楽譜を読む」ことができるようになって良かった。あと、指の動きが鍛えられているのかパソコンの打ち込みがすんなり身に付いた』

『やってよかったのは習字かな。字が汚いよりはキレイな方がいいしね』

芸術系とひとことで言っても、定番のピアノに始まり習字や絵画造形などジャンルはさまざまです。それぞれに修得することで得られるメリットがあるので、選ぶのも楽しそうですね。個性を大切にする時代だからこそ、表現力や発想力を養うのも良さそうです。

勉強系も根強い

『公文。勉強の仕方を身に付けられる』

『そろばん。小1から中1までやって3段までいった。今高校生で数学は全国で上位。本人はそろばんが良かったて言ってる』

今回ママたちの声には登場しませんでしたが、英語なども人気の習いごととなりつつありますね。公文も合う合わないで全然違うと聞くこともありますが、基礎学力や勉強のやり方を身に付けるのにはうってつけのようです。

そろばんは筆者の子どもも通っていますが、計算が早くなるので数学のテストのときに計算問題を素早く片付けられ、余裕をもって文章問題に挑めると話していました。どれも地道な努力の中で養われるものですので、早くから始めるのもいいかもしれません。

子どもがやりたいことをやるのがおすすめ!

『まずやりたいものをやらせてあげるのが一番だと思う。体験はとりあえずいろいろ行かせてみて、その中から1つか2つ選んでと子どもにいうとか』

『子どもの適性の有無は変えられないし、とにかくお子さんがやりたいことをまずは3カ月とか決めて、とりあえず通わせてみてもいいかも』

どの習いごとにもメリットはあり、お子さんをどのように育てたいかなどで何を習うかは変わってくると思います。しかし子どもがその習いごとを楽しめるかどうかも大切なことではないでしょうか?

まずは体験してみて習い事の良しあしや雰囲気を判断してみるといいでしょう。また同じ習いごとでも、先生や環境が変わるだけで変化が起こることもあります。ぜひお子さんといろいろ試して、その中から選んでみてくださいね。

文・櫻宮ヨウ 編集・山内ウェンディ

関連記事

月に12万円も!?小学生の習い事、みんなの平均額は?
子どもの可能性を広げるきっかけとなりそうなのが、習い事ですよね。子ども自身の「やりたい!」もママ・パパの「やらせたい!」も、すべてが新しい世界への入り口となるはずです。「できることなら、あれも...
幼児の習い事選びは情報戦!?ストレスを感じるママに贈りたいおばあちゃんの言葉
脚本・rollingdell イラスト・上野りゅうじん...
親の負担が大きい子どもの習い事。我慢して習わせる?別の習い事を探す?
子どもが「コレを習いたい!」と希望したら、親は「習わせてあげたい」と感じるものでしょう。しかし送迎や習い事の運営サポートを親がやらないといけない、となるとママやパパにもそれなりの負担がかかって...
参考トピ (by ママスタジアム
習ってよかった習い事は何?参考にしたい