いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

自己紹介は簡潔派or長め派?話が長い人=「ママ友歓迎」かも

白い背景で恥ずかしくて目を合わせられない女性

子どもの入園入学のときやクラス替えのタイミングなど、ついて回るのが保護者による自己紹介です。そのたび「なんて言おう?」と緊張してしまうママも少なくないのでは? ひと言だけであっさり済ませるママがいる一方で、長々話し続ける人もいたりします。

兄弟全員それぞれの性格を説明しはじめ……「この話、終わるの?」

先日行われた幼稚園の懇談会での自己紹介で「うんざりしてしまった」という人からの投稿が、ママスタBBSにあがりました。

『子どもの性格とかを長々と話す人がいたんだけど。ふつうに名前と「1年間よろしくお願いします」で、よくない?』

同じように、自己紹介が長いママがいたという人からもコメントが続々と届いています。

『その子の上に3人子どもがいて、それぞれの性格を説明しだしたお母さんがいた。「いつ終わるの?」って思ったけど、最終的には「みんなこの幼稚園に通って、すごく成長しました」って話にたどり着いたよ』

『うちの子はこんなに育てにくいという話、家族で◯◯に行くのが好きですという話、アイドルグループ◯◯のファンですという話……。「役員なのに、妊娠しちゃってすみません」って言ってる人もいたな』

『うちの子はこんな性格で、いつも家では◯◯をしていて……と、長々。ほんとに勘弁してって感じ。「上の子がいます」くらいなら、いいと思うけどね』

『うちは「活発な子なので、お友達を押したり叩いたりしてご迷惑をかけてしまったら、すみません」シリーズが多かったよ』

同年度に何度か懇談会があると、そのママに順番が回ってきただけで「長くなるぞー」と身構えする人も出てきそうですね。

長い話にはじつは情報もたくさん。役立つことも少なくない!

寄せられたママたちの声をみてみると、やはり自己紹介は簡潔に終わらせてほしいと思う人が多いよう。

『長いと時間に収まりきらなくなるから、名前と挨拶ていど。でも、はじめに話す人によるんだよね。トップバッターが長々話し出すと、みんな長々と続く気がする』

『最初の人が長々しゃべったから、次の人からもその長さの流れになり、半分まで来てタイムオーバー。その後は名前と「よろしく」くらいになった(笑)』

とくにほかのママたちと「はじめまして」のときは、できるだけまわりに合わせたい気持ちが働きがちですよね。「前の人が長かったから、自分もがんばらなきゃ」と、つい思ってしまうのかもしれません。とはいえ、実はそうした長い自己紹介を、歓迎するママもるようです。

『うちの園もいろいろ言う人が多いわ。でも上に兄弟がいるとわかると園生活のことをいろいろ教えてもらえるし、下に赤ちゃんがいるなら役員は難しいだろうなってわかるし。別によけいな情報だとは思わないけどな』

『自分は長く話すのが苦手だから、みんながひと言なら流れ的にはうれしいけど。でも聞くだけならたくさんの情報をもらえたほうが、私は聞いていて楽しいかな』

長い話の裏にあるのは「ママ友歓迎!」の思いかも?

中には、長い自己紹介の裏にあるものを、想像する声もありました。

『長々話すのは、ママ友を作るのに必死な人が多い気がする。できるだけ多くの情報を出して、共通点のある友達を見つけようとしているんだと思う』

自己紹介のひと言がきっかけで、「あ、うちも同じ公園に行っている」「うちの子も同じキャラクターが好きだから、仲よくなれそう」と思うこともありますよね。名前と「よろしく」だけでもよいのですが、それだとママ同士おたがいがまったく印象に残らないこともありそうです。名前に加えて「◯◯の近所に住んでいます」「◯◯の遊びが好きなので、ぜひいっしょに遊んでやってください」のようなひと言情報があると、共感を呼んでママ友作りが比較的楽になれるのかもしれませんね。ママたちの自己紹介。ママ友作りを考えている方は「長い、いらない情報だな」と思わず、どんなことを言っているのかと耳を傾けてみてはいかがでしょうか?

文・鈴木麻子 編集・物江窓香

関連記事

園や学校の懇談会が憂鬱すぎる……少しでもラクになるママたちの対応策とは?
子どもが通う園や学校では年に何回か参観や懇談会があることでしょう。先生やほかのママたちと話すことで子どもの様子がよく分かるいい機会です。もちろん行っておいた方がいいとはわかっているけれど……で...
気分を害する恐れあり!?ママ友に年齢や職業を聞くタイミングはいつがベストなの?
ママ友と親しくなりたいと思ったときにどのタイミングでプライベートな質問まで踏み込んでいいか悩みますよね。年齢や職業などは初対面で聞いてもいい範囲の質問なのでしょうか? ママスタBBSでは...
PTA役員を回避したい!選ばれないためにとったママの秘策とは
年度初めに行われることが多い、園や学校のPTA役員決め。育児や介護、仕事の都合などがあり、今年度はどうしても引き受けられそうにない場合は、できれば回避したいと思っているママもいるかもしれません...
参考トピ (by ママスタジアム
幼稚園の懇談会の自己紹介