いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

husband

モラハラ・経済的DVを受ける妻からの質問「シングルマザーの人、離婚して良かった?」

モラハラ 経済的DV 離婚 シングルマザー

離婚を考えている、とあるママからの投稿がありました。

『旦那のモラハラ、経済的DVに限界を感じ、本気で離婚を考えていますが、やはりこの子どもの小さなうちの離婚に戸惑いがあります。見栄や強がりでなく、離婚してスッキリより幸せになっていますか? 後悔することもありますか?』

言葉や態度で人を傷つけるモラルハラスメント(通称モラハラ、精神的DVとも)に、家庭内の収入格差を盾に配偶者を支配下に置く経済的DV。長年モラハラと経済的DVを受けているとだんだんと感覚がマヒしていくこともあるようですが、この投稿者さんは冷静に離婚を視野に入れています。しかし家計や子どものことなど、離婚にリスクも存在するのは否めないところ。

シングルマザーの皆さん、離婚してどうでしたか?

離婚して本当によかった!シングルマザーに微塵も後悔はない

投稿者さんの質問に、このトピックでは「離婚してよかった、後悔はない」との声が圧倒的でした。

『息子が中3の時に離婚しました。後悔は微塵もありません。なんならもっと早く離婚しておけば良かったって思っています。今はストレスフリー。息子とのんびり穏やかに過ごしています』

『同じく経済的DVとモラハラ。給料が手取り15万円もない共働きのくせに、「誰のおかげで生きてるんだ!」って言っていた(笑)。普段から子どもの世話しない、テレビや携帯に夢中で邪険にし、子ども用に作ったご飯を食べさせないで自分だけハンバーガーを買ってくるとか父親と思えない行動ばかり。もちろん家事も分担しない。我慢していたけど、私の方が収入が少し上回ったときに、「お前の給料だけで生活できるよね? 家賃だけ払ってやるから後はお前出してね」と言い始めて、あれコイツいらないなって気付いて離婚した。子どもは1人男の子。1歳半だった。小さかったし元々全然懐いてなかったから問題なかった』

『子ども生後1ヶ月1人。むしろあのとき離婚してなかったらと思うと恐怖』

『お母さんの苦しんでる姿を見せ続ける方が子どもにとってはかわいそうかな。離れちゃえばなるようになるしお金だってどうにかなるよ! うちは0歳2歳6歳だったけど今の方が全然幸せ。もちろん1人でさみしいなと思ってしまう時もあるけど』

『今のほうが100倍幸せ。離婚理由もさることながら、離婚後の経済事情や子どもとの関係が更に良くなる事がわかっていたから』

『離婚した時の解放感が凄かったのを覚えてます』

離婚して良かったことと悪かったことは半々

精神的にはフリーだけど、子どもや家計のことを考えると手放しで喜んでばかりはいられないという人も。経済的DVを受けていると離婚後の収入に不安がより大きくなるものなのかもしれません。また子どもが「父親がいない状況」になり転校等を余儀なくされることは、やはりママとしてもネックになるようです。

『旦那と別れて良かったけど金銭面でシングル生活はキツイ。うちは養育費を貰っていないから余計。貰いたくもないからいいんだけど。離婚時、3歳、1歳。ちなみに実家暮らしではない。精神的にはフリーだよ』

『別居してからの離婚だけど、離れたほうがお互い冷静になれて良かったと思う。ただ、お互い反省や努力をもっとしていたら、子どもや周りを傷つけずに済んだのかなとも……。子ども3人、中学生と小学生。転校の絡みもあるし、離婚するならむしろ子どもが小さい時のほうがしやすいと思う。精神的には、離婚の方が楽!』

ちなみに離婚しなければよかったと思っている人は、このトピックではいませんでした。離婚を実際に決断した人からのご意見だからかもしれませんが、お金がなくても命の危険を感じずに済む生活は精神的に楽になるもののようです。

離婚するときにこんな状況だったから成功したと言えるのかも

シングルマザーとなった皆さんは、今思えば周りの協力があってこそできたと振り返っています。

『子ども達は中1小4小3年長の時、納得できない事もあっただろうし転校とかでも大変だったと思う。今思うと周りの協力と、それなりに稼げる仕事に就けたから良かったけどそうじゃなかったら厳しかったと感じる』

『状況としては離婚しかないんですが……私の我慢で繋がっている感じ』

『決断できないうちは離婚できないよ。というか離婚しかなくなる状況にならないと決断できないわ』

『1番わかっている小6の息子が「お母さんが笑うようになって嬉しい」と言っていた』

離婚時には味方や協力者が欠かせないようです。モラハラやDV対策には「婦人相談所」や「DV相談ナビ」といった相談窓口もあります。今離婚をすべきか悩んでいて、知り合いの誰にも相談できないのであれば、第三者に話を聞いてもらってはいかがでしょうか。

子どもたちに無理を強いてしまうのは心苦しいですが、旦那以外の家族が我慢をし続けても幸せな未来は見えてきません。もし今旦那の顔色を伺いながらの生活でお金も身体も自由ではなく苦しく「これは正常な家族の形ではない」と感じたのであれば、勇気を出して一歩踏み出してみては?

文・しらたまよ 編集・しのむ

関連記事

外面は「いい夫」の実態……モラハラに怯える妻の苦悩と悲しみ
家庭内の「モラル・ハラスメント(モラハラ)」は精神的DVのことです。相手を精神的に追い詰めるため外傷がなく、第三者が確認しにくいのも特徴の一つ。株式会社主婦の友社の『イマドキ夫婦白書2016』では...
旦那が生活費をくれない……「経済的DV」に当てはまっていませんか?
夫が生活費をくれない! と嘆いているあなた。ひょっとしてそれは「経済的DV」を受けていませんか?
節約が発端の「性格の不一致」 夫からの「離婚しよう」に妻がとった行動とは
ママスタBBSに「旦那に離婚したいと言われてます。私はしたくありません」という投稿が寄せられました。 ある日突然、旦那さんから離婚を申し出られた投稿者のママ。原因は「ケチなのが耐えられない」...