いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

manga

<食べ物を捨てる>子どもの偏食にママの怒りが爆発!食べ物を粗末にしないで!

「怒りたくない」「怒ってはいけない」と毎回自分に言い聞かせ、次女の気持ちに寄り添い続けてきました。しかし私は完璧ではなく、冷静で怒らないママを演じ続けられなかったのです。育児書的にはNGでしょうが、感情が爆発してしまったのでした。

その後、もう一度次女に食べ物の大切さを話し、食事のルールを緩くすることにしました。これまでは「出されたものはその都度全部食べる!」でしたが、毎回完食しなくても1日のどこかで食べきれば良いとしたり、自分で手間をかけて作ったものを食べてもらえない時は腹が立つ度合いが高いので、「今は次女にもらったゴハン作り手抜きOK期間だ!」と割り切って、買った惣菜や調理済みのもので間に合わせる回数を増やしたりと試行錯誤の毎日です。

次女は今もまだ「これ食べない、あれ食べない」などと言いますが、以前よりは食べ物を粗末にすることがなくなったように思います。

脚本・rollingdell 作画・ちょもす

ちょもすの記事一覧ページ

関連記事

新連載【妻の飯がマズくて離婚したい】私は料理が苦手です<第1話> #4コマ母道場
結婚とは、生まれも育ちも異なる他人同士が「家族」になることです。価値観の相違をすり合わせながら、お互いにとって心地のいい関係を築いていくことが、結婚生活の一番の課題なのかもしれません。今回は三大欲求の...
<外面イクメン>「いい旦那」「いいお父さん」アピール!調子にのった旦那が失敗した話【前編まんが】
休日のこの日。息子の幼稚園の夏祭りが午後から開催される予定でした。私はそれまでに家事を終わらせたくて、朝からダラダラしている旦那に協力をお願いしました。しかし……。 そう……私の旦那は外ではめち...
旦那のせいだよね?子どもの悪気ないひとことで義実家が凍り付いた瞬間
ただいま絶賛「なんで? なんで?」攻撃中の4歳娘。先日、偶然レストランウェディングをやっている光景に出会い、興味津々の娘はさっそく聞いてきました。 え!? 私――...