いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

子どもの偏食にママの怒りが爆発!食べ物を粗末にしないで!

「怒りたくない」「怒ってはいけない」と毎回自分に言い聞かせ、次女の気持ちに寄り添い続けてきました。しかし私は完璧ではなく、冷静で怒らないママを演じ続けられなかったのです。育児書的にはNGでしょうが、感情が爆発してしまったのでした。

その後、もう一度次女に食べ物の大切さを話し、食事のルールを緩くすることにしました。これまでは「出されたものはその都度全部食べる!」でしたが、毎回完食しなくても1日のどこかで食べきれば良いとしたり、自分で手間をかけて作ったものを食べてもらえない時は腹が立つ度合いが高いので、「今は次女にもらったゴハン作り手抜きOK期間だ!」と割り切って、買った惣菜や調理済みのもので間に合わせる回数を増やしたりと試行錯誤の毎日です。

 

次女は今もまだ「これ食べない、あれ食べない」などと言いますが、以前よりは食べ物を粗末にすることがなくなったように思います。

 

脚本・rollingdell イラスト・ちょもす

関連記事

息子のことで女の子に謝ってばかりの私を救ってくれた、ママ友の言葉
男の子は女の子に比べて精神年齢が低いと良く聞きますが、男2人兄弟を育てる私にとって女の子の「しっかり」した部分は眩しく見え、いつも「すごいな~」なんて思っていました。 ...
「弟なんて大嫌い!」だった長女が下の子を拒絶していた理由
もともと活発で気が強めな長女ですが、弟が生まれてからは常に敵対視。やはり年が近いせいかな……なんて思ったりもしましたが、同い年くらいのお友達でも生まれてきた弟や妹を可愛がっている子も多い中、長女はいつ...
旦那のせいだよね?子どもの悪気ないひとことで義実家が凍り付いた瞬間
ただいま絶賛「なんで? なんで?」攻撃中の4歳娘。先日、偶然レストランウェディングをやっている光景に出会い、興味津々の娘はさっそく聞いてきました。 え!? 私――...