いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

【妊娠ダイエット記】無痛分娩の条件は #4コマ母道場

【第6話】痛みに弱すぎる妊婦の決意

Weight management during pregnancy
イラスト・もち

今週で一旦【妊娠ダイエット記】は終了になります。次週からは【3人目出産はポジティブに!】をお届けいたします。

無痛分娩ってどんなもの?

無痛分娩に興味がありつつも決断できない、できなかったというママもいるのではないでしょうか。無痛分娩は母体への負担が少なく、産後に向けて体力が温存できるといわれています。ママスタコミュニティには無痛分娩にするか迷うママの声がありました。

『1人目は普通分娩で出産したけれど、2人目の今回は旦那から「無痛分娩したい? したいならいいよ」って言ってきてちょっと迷ってる』

『1人目のとき難産で50時間ほどかかりました。子どもにも酸素がいかなくなり危ないと言われましたし、自分自身も体力の消耗が激しくて「可愛い」など思っている余裕がなかったです。2人目は無痛分娩にしたいです。周りの人から何か言われてしまうかな』

日本ではまだまだ無痛分娩の割合は少ないため周りからの反応が気になるママたちもいるようです。普通分娩でも、無痛分娩や帝王切開でも「1つの命が誕生した」という尊さについては変わりません。周りの反応は気にせずに、ママ自身の身体と赤ちゃんの健康を最優先にして、自分に合ったお産を選べるようになればいいですね。

ママスタセレクト編集部がお届けする4コマ漫画「母道場」、インスタグラムでもお気軽にフォローしてくださいね! インスタグラム「#4コマ母道場 」をフォロー

関連記事

【妊娠ダイエット記】大事なことなので2回聞きます #4コマ母道場
【第4話】子どもの重さはノーカウント? イラスト・もち 出産まで続く体重管理という名の茨道 妊娠がわかって嬉しい気持ちを最初にくじかれるのは、体重の話をされたときという方もいらっしゃ...
「無痛分娩」って本当に痛くないの? 経験者の私がよく聞かれる「5つ」の質問とは
みなさんは、「無痛分娩」とは何かご存知ですか? 出産の際、麻酔によって痛みをやわらげる方法のことで、産後早期の回復が期待できたり、出産の安全性が向上するなどのメリットがあるそうです。 筆...
無痛分娩と和痛分娩の違いはなに?産婦人科医が語るメリットやリスクとは
赤ちゃんの出産方法として、最近では痛みを和らげる分娩方法を選ぶ妊婦さんも増えてきましたよね。病院によっては「和痛分娩」や「無痛分娩」などの言葉を使い、その違いがよくわからない方も多いかもしれません。そ...
参考トピ (by ママスタコミュニティ
無痛分娩にした人、質問!