いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

manga

<まさかの盲点は旦那>妊婦は体調に注意するけれど……これは珍しい!エピソード

アメリカで第1子を妊娠、出産した私。悪阻や便秘などマイナートラブルは人並みにありましたが、基本的には元気な妊婦でした。

いよいよ臨月を迎え、カウントダウンに入ったとある週末。テニスに出かけた夫が「なかなか帰ってこないなあ」と思っていたら、夫から着信が。「XX病院の救急にすぐ来てくれない? 訳はあとで説明するから」と。

XX病院は私が出産する予定の病院です。入院手続きで何か不備があったかなあ?

正直、心配よりも「今ですか?」と思ってしまいました。

医師に「手術までは運転禁止ね」と言われ、家族(私)が迎えに来るように指示されたとのこと。

夜中に破水、まとめていた入院荷物を持って、車で病院へ。夫の怪我は幸い利き足ではなかったので、その時には障害者マークをもらっての運転は許されておりました。

道中、どんどん痛みが増すお腹に座席でうずくまる私。

その後、無事に出産したのですが、ギプスをした夫は病院中の看護師と医師に

「What A TIMING!(このタイミングで、あれまあ!)」

と苦笑されておりました。

退院時は自然に切開した会陰の痛みが激しく歩き辛かったので、車椅子で駐車場まで送ってもらうことになりました。

ちなみにアパートに到着したら、近所の奥さんに出産祝いの言葉をもらうと同時に「うちの夫は出産間近に手を骨折したのよ、おかげで抱っこがしばらくできなかったわ」と笑いながら話されました。

妊婦はお腹の中の子と自分に細心の注意を払いますが、夫の怪我や病気にも注意しなければいけないのだな、と強く感じたのでした。

今では笑い話ですが、これはわが家で一生チクチクと語り継がれることでしょう(笑)。

 

脚本・rollingdell イラスト・むらみ

【つぎ】の記事:<義実家はゴミ屋敷>子どもを連れて行きたくない私は「ひどい嫁」なの?【前編】まんが

むらみの記事一覧ページ

※この漫画は体験談を元に作成しています。

関連記事

新連載【妻の飯がマズくて離婚したい】私は料理が苦手です<第1話> #4コマ母道場
結婚とは、生まれも育ちも異なる他人同士が「家族」になることです。価値観の相違をすり合わせながら、お互いにとって心地のいい関係を築いていくことが、結婚生活の一番の課題なのかもしれません。今回は三大欲求の...
<火傷の危険>外食で赤ちゃん前にハンバーグ置く!?「店員の配慮不足」と伝えると……【前編】まんが
先日、とあるショッピングモール内のファミリー向けのレストランで食事をしました。 私たち夫婦、子どもは3歳と赤ちゃん(10ヶ月)、義両親の6人でした。10ヶ月の子どもを通路側のいわゆるお誕生日席ポジシ...
「夫の飲み会が気に入らない」飲み代をめぐる夫婦のバトル
営業職で飲み会の多い夫。最近私に「会社での飲み代をカンパしてほしい」と言ってきました。 そこで私が考えたのは…… ちなみに、門限12時をルールにしていた時代は、...