いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

あなたの「結婚までの交際人数」は平均より下?それとも上?幸せな結婚生活を実感している方の平均人数とは?

pixta_23622433_M

今隣にいるダンナさんは、自分にとって交際何人めのお相手ですか? 先日発表されたのが、「あなたは交際何人めの相手と結婚した?」という調査結果です。
初恋の相手と結ばれるのもロマンティックですし、たくさんの男性とつきあって「この人!」と選び抜いた相手と結婚するのもアリ。さて、あなたの交際人数は平均より上でしょうか、それとも下でしょうか?

一番幸せな結婚生活を実感しているのは、「交際人数4人」だった?

婚約指輪・結婚指輪の比較サイト「ufufu」が公開した、アンケートの結果。既婚男女1,000人から集めた回答です。最初の質問は「現在の配偶者と結婚するまでに、何人くらいと交際しましたか?」。

img_171243_1

一番多かった回答は「3人」(21.9%)! 高校時代にはじめての彼氏ができ、大学時代に出会った彼とは「将来結婚できるのかな?」なんて妄想も頭をかすめ、結局職場で知り合った3人めの相手と結婚。なんとなくこんな流れが一般的なのかもしれませんね。
とはいえ「1人」(14.6%)、「2人」(16.1%)という回答も、少なくなからずいます。ここまでを合計すると交際した相手3人めまでに結婚した人が、半数以上(52.6%)。たくさんの相手とつきあってきたとしても、「あのときの人と結婚しておけばよかった」と思い返すのはまだ自分が純粋だったころなのかも?

次に現在の結婚生活に満足しているかどうかを聞いています。すると8割以上の人が「満足」「どちらかといえば満足」と回答。

img_171243_2

これを交際人数別にみてみると満足度の違いは1割以下と、何人と交際していても大差のない結果になったそう。ただ一番満足度が低かったのは「1人め」(78.1%)でした。ほかの相手を知らないだけに、「もしかしたら、もっと素敵な人と出会えていたかも」とついつい考えてしまうのでしょうね。
逆に一番満足度が高かったのは、「4人め」(88.5%)。平均的な「3人め」で結婚した人もちょっと貪欲になってあとプラスワンをしておけば、さらに満足いく結婚生活だったのかも……。とはいえこれは、あくまで想像の域を出ませんね(笑)。

結婚相手との出会いの場は、かつてお見合い、今SNS

さらにちょっと気になるのが、「現在の配偶者との出会いのきっかけ」です。

img_171243_4
どの世代においても、トップは「職場」! 第2位が「友人の紹介」というのも共通しています。今も昔も、知り合うきっかけの多くはそう変わらないのですね。
違いが出てくるのが第3位以降です。上の世代では「お見合い」がランクイン。その代わり女性の20〜30代では「SNS」が登場しています! マッチングアプリなどが、かつてのお見合いの代わりとなっているようですね。
さらに目を引くのが60代以上でランクインしている、「ナンパ」。草食系男子も少なくない20〜30代では、今やレアな出会い方なのかもしれません。

結婚相手との出会い方もお見合いが減った代わりに、SNSやアプリ、婚活イベントなど現在は多様になっているようです。もしかするとこの先、我が子たちが交際する人数はママたちよりぐんと多いものになるのかも? 想像するとちょっとうらやましいような、めんどうが増えて気の毒にも思うような……。さてあなたは過去の交際人数に、ちゃんと満足していますか?

■調査概要
調査タイトル:結婚についてのアンケート
調査方法:インターネット
調査期間:2018年10月16日~10月18日
調査対象:全国20~60代の既婚男女1,000名
婚約指輪・結婚指輪の比較サイト「ufufu」調べ
*グラフ出典はすべて「ufufu」

文・鈴木麻子

関連記事

「交際・キス・初体験」は何歳から認める?悩めるママたちが出した答えとは
子どもが成長してくると、恋愛に興味をもつこともありますよね。男女問わず好きな人に対して手紙や贈り物をしたい! と言うようになる子どももいます。4歳になる筆者の息子は幼稚園の担任の先生が大好きで、先生の...
若い男性が年上女性に金銭的援助を求める「ママ活」。その実態とは?
2018年10月、「ママ活」をしようとSNSに募集を出した高校生が補導されたとの報道がありました。若い女性が中高年の男性に金銭的な援助を求め、見返りにデートしたりする「パパ活」に対し、「ママ活...
親の口出しは必要?「彼氏10人目」の娘にママができることとは
子どもはいつまでも子どもではありません。成長するにしたがって、親が口出し手出しできないこと、してはいけないことが出てくることでしょう。子どもの成長のためにはいつまでも親がそばにいて手助けするわけにはい...