いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

「もう誘ってもらえないかも」独身や子どもがいない友達との付き合い方に悩んだけれど……

娘が1歳になる少し前に、大学時代の友達数人で集まることになりました。私以外は独身や、子どもがいない既婚者でした。
友達の住まいが様々な府県に散らばっていたため、集まるのはいつも真ん中あたりにある隣県の大都市です。

結局お誘いを断る形になってしまいました。


その後、約1年が過ぎ……。

再びお誘いが!

もう私だけ誘ってもらえないのでは? と不安になっていたのですが、友だちはまた私を遊びに誘ってくれました。前回行けなかった私と娘を最優先に考えてくれ、嬉しかったです。

私の娘との1年はとても長く孤独に感じました。しかし友達の1年はあっという間に過ぎたそうです。娘の1年の成長は大きく、1人で歩けるようになった娘に皆驚いていました。今思うと、赤ちゃん時代は無理して連れて行っても結局、自分が疲れるだけだったかもしれません。私自身が友達を「独身だから、子どもがいないから分かってくれない」と遠ざけてしまっていた部分があったのかもしれないと思いました。

その後も友達とは連絡を取り合っています。遊びに行く機会を作ってくれる友達がいるのは、やはり嬉しいことです。

 

文、イラスト・チル

関連記事

専業主婦の私に自信を与えてくれた”ワーキングマザー”の友達の言葉
結婚後、地元を離れ、夫の実家で専業主婦になった私。独身時代はずっと実家暮らしで、家事はほとんど母に任せきりだったため、初めての専業主婦業に悪戦苦闘しておりました。 ある日、帰省のついでに地元の独...
スイーツを作りたいけど偏食の2歳娘 お菓子作りが苦手なママのチャレンジ
娘が2歳の頃、お菓子作りに目覚めました。 娘とお菓子作りするのが夢だったので嬉しかったのですが、私は料理が得意ではなく……娘も偏食が酷く、飽きっぽく……。 娘はまだ...
立ち会い出産はしなかったけれど「後悔」した話
皆さんは出産時に立ち会い出産をしましたか? 私はとある理由から立ち会いを拒否しましたが、少し後悔しています。 そして、出産当日。夫は自営業ということもあり、時間に融通が利き、私を病院へ送ってく...