いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

トイレに便座カバーやマット類がなかったら驚く?みんなのトイレ事情を教えて!

toire1

臭いや汚れが気になりやすいトイレの掃除、なんとか楽にできないものでしょうか? 良いアイデアはないかとネットやSNSから情報を得て、「物を減らす」作戦を決行しているのですが、それでも重い腰をあげないと「面倒だな」と思う日々。そのようなときにママスタコミュニティでこのような投稿を発見しました。

『我が家のトイレは便座カバーとか何もないんだけど、どう思う?』

この投稿をみて思わず「これは!」と反応してしまいました。筆者もトイレ掃除をいかに楽にするかを試行錯誤しているうちに、ありとあらゆるカバーやスリッパなどを撤廃していくことに成功しました。おかげで掃除をおこなう際のストレスが軽減されたり、汚れや臭いのもととなる布類がなくなることで洗濯物も減って一石二鳥ならぬ、一石三鳥・四鳥といいたいぐらい快適になっています。しかし、投稿者の方の質問をみてふと「うちのトイレもおかしくないかな?」と考え込んでしまいました。

トイレのカバーやマット、置いてないのって変?

投稿者さんは、トイレにカバーやマットがあると汚く感じるので全て撤去してしまったようです。さながらその様子はデパートのトイレのごとく何もないと話されていました。投稿者さんは、ご両親などが家に遊びに来られたときに「なぜ何もないの?」と聞かれたことがあり、カバーやマット類が設置されていないトイレをみると、もしかしたら他の人は驚くのだろうかと気になったそうです。

続々と集まった「驚きません!」の声

『普通じゃない? ゴチャゴチャある方が嫌』

『カバーしなくてもいいんじゃない? 掃除も楽だよ』

BBSに集まったママたちは「なくても驚かない」という方向で話しています。むしろ、カバーやマットなどがないほうが衛生的であったり、トイレ掃除がしやすくて良いのでは? という意見も寄せられました。

『トイレに付いてた物なんて汚いから触りたくない。洗濯機にも入れたくない』

『逆に友達の家で便座カバーがついていたら、これ綺麗なのかな? とか思っちゃう』

toire2

例えそれが家族のせい、自分のせいであったとしても生理的に汚れや臭いが気になるのはどうしようもないですよね。気になって毎日洗濯したりするぐらいなら、いっそ最初からないほうがいいという考え方には頷けます。逆にカバーやマット類があるほうが気になってしまうという声もいくつかあることから、マットやカバーがトイレに「ない」方が増えているのかもしれません。

意外とあったスリッパだけあるという声

『スリッパだけとか普通だよね。今日ママ友のお家に遊びに行ったけどやっぱりスリッパだけだったよ』

『うちも何もない。スリッパはあるけど』

カバーもマットも手入れが面倒だったり、衛生面で気になるためトイレに置いていない人が多い中、スリッパだけは置いていますという声がいくつかありました。なぜスリッパだけ置いているのかはわかりませんが、トイレをどれだけ綺麗にしていても素足でトイレの床を踏むことに抵抗があるということでしょうか? 似たような意見で、来客時にだけスリッパを出すというものもありました。ちなみに、貼るタイプの便座シートを、来客があるときにだけつけるという声もありましたので、お客様がおみえになるときは用意できるように普段から準備しているママもいるようです。便座カバーがないことでお客さんが不快にならない配慮なのかもしれません。

便座カバーもマットも設置しているママもいる

衛生面で気になる、手入れや掃除・洗濯が面倒。わかっていても便座カバーやマットを設置しているというママの声もありました。

『貼るタイプの便座カバーつけてるよ。便座が冷たいじゃん』

『毎日洗ってる。お尻ヒヤッとするのが嫌で』

筆者の家のトイレも、以前は便座カバーを外していたのですが、冬場になると便座が冷たすぎて子どもに「便座カバーはないとだめだ!」と再設置をお願いされてしまいました。暖かくできる便座を設置できれば便座カバーをつけていなくてもいいのかもしれませんが、賃貸だと特別な仕様の便座に変更することが難しい場合もありますよね。すると仕方なく便座カバーをつける羽目に……。結局毎日のように洗濯することになりますが、仕方ないと筆者は諦めています。

『便座カバーの方が座ったとき柔らかいから好きでつけちゃう』

この気持ちすごく分かります! 筆者は極度の腰痛持ちのためカバーがあるのとないのとでは座ったときの衝撃が全く違うんです。

トイレのマットやカバー類はなくても問題なさそう!

昔ながらのトイレ三点セット(蓋カバー・便座カバー・足元マット)も時代の変化と共にママたちからのニーズも変化しているようで、昔はあるのが当たり前だったのに、今は無くてもOKという声が増えているようです。好みの問題もあるとは思いますが、掃除や洗濯の手間を考えるとカバーやマットなどはないほうが断然楽ですよね。家族構成によっては頻繁に掃除をしないと臭いや汚れが気になることもあるでしょうから、手軽に掃除ができる体勢を整えておけば家事の時短にも繋がりそうです。もしカバー類をお使いでしたら試しに一度カバーやマット類を撤去してみてはいかがでしょう? 筆者のように、自分たちの生活に合っていなかったら戻せばいいだけですから、試してみて楽な方法、ご家庭にあった方法を採用してみてくださいね。

文・櫻宮ヨウ 編集・山内ウェンディ イラスト・善哉あん

関連記事

家事代行のプロが教える見落としがちな「掃除ポイント」は?
※写真はイメージです 「掃除はしているはずなのに、なんか最近お風呂やキッチン、トイレが臭う気がする」ということはありませんか? そんなときは、あるポイントを見逃しているのかもしれません。掃除の...
時短のコツは?働くママたちの「お掃除」事情
子育てに仕事に毎日クタクタだけど、お家のこともやらなければ! ママたちのその思いだけで頭が下がります。ところで共働きの方、毎日お掃除はどうしていますか? 出勤前の掃除から”ながら掃除”まで、ご家庭...
「掃除は毎日」って当たり前!?ピカピカの達人ママたちに聞いてみた家掃除の頻度
みなさんは、どれくらいの頻度で家の掃除をしていますか? 毎日? それとも掃除の頻度を決めている? 友だちの家に遊びに行くたびにいつもピカピカで、どうしてこんなにキレイなのかと本気で驚くことってあり...
参考トピ (by ママスタコミュニティ
トイレカバーとか何もないんだけど、どう思う?