いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

manga

心底恥ずかしい……!アラフォーママは無理してはいけないと悟った話

息子が通う幼稚園は川沿いにあります。幼稚園のすぐ隣には一面芝生の公園が。こちらの公園には遊具が設置されておらず、各々ボールやフリスビーなど好きなおもちゃを持ちこんで遊ぶのが定番となっていました。
筆者は毎日幼稚園のお迎えのあと、ボール、フリスビー、100円ショップのスポンジ製の剣、組み立てるタイプのフラフープ、縄跳びを1セットとして公園に持ち込んで日が暮れるまで遊んでいました。ボールが公園から飛び出してしまうことはあっても、150cmほどの柵がある川に落ちたことはありませんでした。
しかし、その日はやってきました。ボールで遊んでいたお友達のママが焦った様子で筆者のところへやってきます。

ボールの位置を確認し、150cmの柵を乗り越え、深さが2mほどある川にとりあえず靴のまま足からダイブ!

 

脚本・しのむ イラスト・いちと

関連記事

多忙なパパが育休取得!ママは助かったけど……出世街道から外れたの?
私は20歳の頃に実母を亡くしており、主人も一昨年に義母を亡くしました。息子を妊娠した時に、私の頭の中を一番によぎったのは「里帰りができない」ということでした。 父は健在ですが、ただでさえ慣れない...
仕事でお出かけできない夏休みに子どもが「退屈」……でも退屈って悪いこと?母の言葉に納得
小学生と幼稚園生を抱える我が家。学校の夏期プールは猛暑の影響でほとんど開かれず、暑くてなかなか外出もできなかった子どもたちは、いつも家で過ごすか、たまに友達と遊ぶかして過ごしていました。 私も自宅で...
若いって羨ましい!?まぶしく見つめるアラフォーママたちの声 #産後カルタ
35歳で息子を出産している筆者は、体力のなさに時々泣きそうになっています。公園や児童館などで若いママさんたちに会うと、元気ハツラツとしていて、輝いているように思えてしまいます。 ママスタ...