いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

災害用の備蓄って何をどのくらい備えるもの?ママたちの基本的な考え方と備え方のヒントとは

pixta_32156047_M

2018年は日本各地を天災が襲っています。2017年の年の瀬から2018年にかけて日本各地を襲った豪雪、4月に島根県西部を襲った最大震度5強の地震、6月に大阪を襲った最大震度6弱の地震、7月に中部四国地方を襲った豪雨、7、8月にかけた記録的猛暑、9月に大阪を襲った台風21号、同じく9月に北海道を襲った最大震度7の地震まで。2018年9月までで、これだけの災害が起こっています。日本中の誰にとっても、もはや他人事ではないのではないでしょうか。

いつ襲ってくるかわからない天災に備えて家庭に食料品や生活必需品などを備蓄する方もいるでしょう。ただ、お金もかかってしまいます。何を、どのくらい備えればいいのでしょうか。

『災害用備蓄って必要ですか? 旦那の兄弟夫婦と会う機会があり、大阪府の地震の話になりまして、災害用備蓄の話をしました。旦那の兄弟夫婦はかなり備蓄しているらしく5万円くらいはかかったよ、って言っていてびっくりしました。5年保存水やら食品やら。高くない?』

災害用備蓄はないよりあったほうがいい―ママたちの考え方

『そんなにお金をかけなくて良いと思うけど、ないよりあった方が良い』

災害用の備蓄だからといって、お金をかければ効果が得られるとは限りません。各家庭で揃えたい物資の種類も異なるでしょう。家庭ごとに備蓄にかける考え方やかける金額は違ってくるでしょうが、こちらのママのコメントのように”ないよりは合ったほうがいい”のではないでしょうか。

『災害用のやつ揃えたら5万でも安いほうだと思う』

家族構成にもよりますが、災害備蓄専用品を購入しようとすると、特別に保管期限が長い食品や水などをそろえることになるため、一般的な日用品や食料品よりは価格が高めになってしまうのかもしれませんね。

『備蓄はある程度は必要だと思う。東日本大地震を経験したけど、震災直後は飲食を確保するのには苦労したかな。朝早くから何時間も並んで買えるのがスナック菓子が数個の時もあれば、普通に3日間分の食料を買えたりする時もあったの。だから食料はあまり保管してない。でも、電池や簡易トイレとかの備品はダンボール1箱分は用意してる』

被災したというママからは食料品よりも日用品の備蓄を多めに、というコメントがありました。何度も大きな災害を経験してきた日本には災害後のサポート体制も整いつつあるのかもしれません。参考になりますね。

災害用備蓄を生活に取り込める「ローリングストック」とは

何度かの大災害を経て、日本では、災害に対する備蓄の考え方も変わってきているようです。

長期間保存できる水や乾パンなどの食料品を保管するのではなく、普段の生活で使っているものを多めに購入し、消費しながらも常に備蓄を切らさないように買い足しつつ期限を管理する備蓄方法が広まりつつあります。これは、“ローリングストック”と呼ばれる備蓄方法です。長期間保存ができる商品はいつの間にか賞味期限が切れてしまい、いざという時に使えなかった、ということが起こりがちでした。ローリングストック法なら、こまめに消費しながらも常に買い足していけるので賞味期限を管理しやすい、というメリットがあります。また備蓄専用品ではないため、被災時でも普段の生活と変わらないものを使用できるという心理的負担を軽減できるメリットもあるといえます。

東京防災が教える「日常備蓄」で備えたいアイテムとは

東京都が運営している「東京防災」のホームページによると、日常で使うものにプラスして備える「日常備蓄」で紹介されていたのは、以下のものです。

(※日常備蓄はローリングストックと同じ意味です)

被災者が避難生活を通して必要だと感じたもの

水、簡易トイレ、充電式ラジオ、カセットコンロ・ガスボンベ、懐中電灯、ビニール袋、常備薬、乾電池、食品包装用のラップ

用意しておきたい食品

水、過熱を必要としない食品(チーズなど)、主食(レトルトごはん、麺など)、主菜(缶詰、レトルト食品、冷凍食品など)、お菓子類(チョコレートなど)、缶詰、栄養補助食品、野菜ジュース、調味料

用意しておきたい生活用品

生活用水(お風呂に水をためておくなど)、生理用品、使い捨てカイロ、携帯電話などの予備バッテリー、救急箱、ライター、ラテックス手袋、ティッシュペーパー、ごみ袋、大型ビニール袋、懐中電灯、ウエットティッシュ

こちらは「東京防災」が提示する「日常備蓄」のあくまで一例です。これらのものをすべて備えなければいけないわけでもありませんし、すべて備えたからといってどのくらいの規模の災害に見舞われるかは予測できません。こちらの例を参考に、自分にできる「日常備蓄」を考えてみるところが「日常備蓄」のスタートになるでしょう。

備蓄とは「自分の頭を使って自分が生きていくために必要なものを買い置きしておくこと」

東京防災のホームページには備蓄に対する考え方が掲載されています。それは

『備蓄とは自分の頭を使って、自分が生きていくために必要な物を買い置きしておくということ』

だそうです。家族構成によっても備えるものは変わってくるでしょう。まずは家庭にある在庫を棚卸して何を備えたほうが良いのか、リストアップしてみてはいかがでしょうか。

文・しのむ 編集・しらたまよ

関連記事

無駄なく備える「ローリングストック法」がオススメ!美味しく食べた分を買い足すだけで管理できる
地震や水害などの自然災害はいつ起こるかわかりません。災害への備えとして、自分たちの避難所がどこなのかを知ることやハザードマップで地域の現状を把握することは、家族を守るうえで必要なことでしょう。...
9月1日は「防災の日」いざというときに備える“非常食ストック”について考えよう
9月1日は「防災の日」です。この日は大正12年に起きた「関東大震災」にちなみ制定されました。そのため、この時期は災害などについて考えるイベントが実施される機会も増えますね。大きな地震や水害など...
「乳児用液体ミルク」の製造・販売がとうとう解禁に!災害時だけでなく育児の負担を減らす役割も
ママスタセレクトでも、過去に数回取り上げてきた“液体ミルク”。粉状ではなく液状で、お湯に溶かすなどの工程がなく、そのまま赤ちゃんに飲ませることができるミルクです。 日本では、地震や水害などで...
参考トピ (by ママスタジアム
災害用備蓄って必要?