いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

1歳のときは楽しめた花火大会 2歳になったら衝撃体験になってしまった


次の年、旦那の実家から徒歩10分の所に花火の絶景ポイントがあるとのことで、みんなで行ってみました。道中娘はご機嫌でおしゃべりし、いつもならすぐ「だっこ」というのに全部自分で歩いてくれてびっくり。周りの屋台やにぎやかな様子にテンションがあがり、「花火楽しみだねー」とニコニコだったのですが……。


結局、娘が怖い怖いと泣き叫ぶので花火は全然見ることができず、旦那が娘をだっこしてみんなで家に帰りました。
娘にとってその巨大花火はかなり衝撃的な体験だったらしく、それ以降、遠くでかすかに聞こえる程度の花火の音にも怯えるようになってしまいました。
次の年から、娘に「花火見に行く?」と聞いても断固拒否。「より花火が近い方が喜ぶだろう」と連れて行った結果、花火嫌いにさせてしまって本当に申し訳ない!
小さな子、うちの娘のような敏感な子と一緒に花火を見るときは、ほどほどの距離で見る方がいいかもしれません……。

 

文、イラスト・三津キヨ

関連記事

娘はかなりの怖がり!「寝室が怖い」と泣く娘を救ってくれたのは友だちの手紙だった
2歳頃から、急に怖いものが増えてきた娘。 大人から見ると「そんなことで?」と思うことでも敏感に感じ取り、怖い怖いと騒ぎます。 ついには寝室で寝ることが怖いと言い出し、居間のソファーで寝...
夕方は子どもから目が離せない!娘と私と睡魔との戦い
現在幼稚園年中の娘。 毎日幼稚園の園庭で走り回ったりスクーターに乗ったり、体力の続く限り遊んで帰ってきます。 帰宅後、夕方までは室内で機嫌よく遊んでいますが……お風呂から夕飯までの時間が勝負時。 ...
コンプレックスまみれの私が気付いた、育児中にこそ大事な大人同士のコミュニケーション
娘は赤ちゃんの頃から絵本が大好きで、4才の今でも図書館に行くといつも私に絵本を読んでとせがみます。 でも私はオーバーに抑揚をつけて読んだりすることが苦手で、いつも淡々と読んでしまいます。そこが少...