いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

見知らぬ人に「赤ちゃんを触られたくない」。これって神経質すぎますか?

pixta_30887760_MあるママからBBSに一通の投稿がありました。

『生後6ヶ月の長女をベビーカーに乗せていると触ってくる方が時々います。どこを触ったかわからない手で触らないでほしいです。「やめてください」とハッキリ言いますが、みんな不機嫌になります。「親がそんなに神経質でどうするの?」と暴言を吐いてくる方も。本当に困っています』

これって、当たり前の感覚? それとも神経質すぎるのでしょうか?

知らない人に勝手に触ってほしくない!

「かわいい赤ちゃんね」といわれて、いきなり触ってくるその手に「どこを触ったの? かわいい我が子にばい菌がついちゃうじゃないの!」と思うママ、けっこう多いかもしれません。

『泣いている子をあやしてると「あらあら、こっちに貸してごらんなさい」みたいな感じで子どもを取り上げようとするオバサンもいるよ。悪気はないんだろうけどね』

『すごくよくわかる。ドイツに住んでたけど、ドイツ人のママ友が自分の赤ちゃん触ってきたおばちゃんにキレてた。「私はあなたを勝手に触らないのに、どうして勝手に私の赤ちゃんを触るの?!!」って。まったくその通り。ものじゃないんだから』

『わかるー! 私は子どもたちに言いたい。大人ならまだいい。きったない子どもたち、必ず顔をさわる。本当に汚い。足ならいい。手もやだ』

気にならない!「かわいい」と言われて嬉しい

「触らないで!」と思うママがいる一方、「かわいいと言われて嬉しい」と素直に喜ぶママの声もありました。警戒心を持つような相手でなければ、子どもをほめられていやな気がするママは少ないのではないでしょうか?

『別に平気だよ。無言で触ってきたら警戒するし嫌だけど』

『親バカだから「この人から見てもうちの子はかわいいのかー。褒められちゃった」って、頭の中がお花畑だったから恥ずかしいわ』

『見るからに汚い人は嫌だけど、一言あって触るのは嬉しい。沢山の人に触れられて愛される方が子どもも幸せじゃない?』

『気持ちはわからんでもないが……。そんな許せないなら、ベビーカーから絶対赤ちゃんの顔を見せないようにし、「触らないでください」のシール、ベビーカーに貼れば?』

『私はウェルカムだわ。おじいちゃんおばあちゃんとか嬉しそうだよね。まぁ世の中いろんな人がいるしいろんな事件もあるから、警戒はするけどね』

「赤ちゃんを触られたくない」のにはこんな理由も

この投稿を読んだほかのママから、「私も、勝手に赤ちゃんに触ってほしくない」という意見がありました。触られたくないのは、「汚いから」ではなく、別の理由も……。

『汚らしい中年オヤジの場合は下心からお母さんに話しかけたくて、赤ちゃんをきっかけに近づいてる場合もあるから注意してね。あとは、何年か前に「抱っこさせてください」って赤ちゃんに近づいてその子の足を折った女がいたよ』

2010年に栃木県足利市の子ども用品店で「抱っこさせて」といって、4人の乳児の足を骨折させた女性の話がニュースで取り上げられたことがありました。それもあり、警戒してしまうママも多いのかもしれません。

子育て期真っ最中のママだったら「自分の子で精いっぱい」かもしれませんが、子育て一段落した「おばあちゃん」「おじいちゃん」世代の人からすると、赤ちゃんは「懐かしくてただただかわいいもの」という感じで、つい触りたくなってしまうのかもしれません。「急に触られて嫌だ」というママの気持ちがわかるという人、「神経質すぎる」という人、いろいろいると思います。

あなたはどう感じますか? かわいい我が子を見ず知らずの人に触られたらいやですか?

文・間野由利子  編集・山内ウェンディ

関連記事

私って神経質?赤ちゃんを勝手に触ってくる他人にモヤモヤ
赤ちゃんを連れて歩いていると、周りの人、特におじいさんやおばあさんから声をかけられませんか? 子どもがいない間は普通にすれ違っていたはずの方々。初めての赤ちゃんなら、こんなところでも「私はママになった...
妊婦で子連れのママ、バスで涙が出そうになった出来事
日本のバスや電車の車内では、ママたちは肩身が狭い? 筆者がロンドンに住んでいたとき、ロンドンの地下鉄はベビーカーにやさしくない! と思いました。エレベーターがある駅は少なく、階段だけの場所も...
親と”子育て価値観”に違いを感じる?「親・祖父母世代の子育て今昔ギャップ調査」
子育ての偉大な先輩であるのが、自分の(夫の)親。ただ時代によって子育ての常識が進化しているのにもかかわらず、昔の価値観をそのまま押しつけてくるなど、ときにちょっぴりやっかいな存在になることも…...
参考トピ (by ママスタジアム
赤ちゃんを勝手に触らないで。