いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

沖縄のママたちは戦々恐々!麻疹(はしか)の恐ろしい感染力、対策は?

pixta_36117365_M

沖縄県民である筆者は、麻疹(はしか)を“インフルエンザより怖い感染症”と認識しています 。

2018年3月末、沖縄県内を旅行中の台湾からの旅行客が麻疹(はしか)と診断されたとメディアで報じられると、沖縄県で、その数はうなぎ上りに増えていきました。発症者と接触した人が二次感染、なかには子どもまで。

当時1歳3か月の子を持つ筆者は慌ててMR(麻しん風しん混合ワクチン)の予約をしました。実は、わが子は1歳の誕生日直後、インフルエンザに感染し、MRを受け損ねていたのです。予防接種後は、しばらく保育園と自宅の往復だけを徹底し、周囲のママ達と戦々恐々とした日々を送っていました。

というのも、沖縄県は1998年~2001年にも大流行があり、その際、9人の子どもたちが命を落としているのです。

麻疹(はしか)はどんな症状?感染経路は?

麻疹(はしか)は現代でも非常に恐ろしい病気です。9人の子どもが亡くなるという悲しい事態以降、沖縄県では2000年に「はしか“0”プロジェクト」が立ち上げられ、予防接種を呼びかけるなど様々な啓発活動が行われてきました。

麻疹(はしか)はこのような症状が出現します。

『はしか(麻疹)は感染すると約10日後に発熱や咳、鼻水といった風邪症状が現れた後、39度以上の高熱と発疹が出現します。肺炎、中耳炎を合併しやすく患者1000人以上に1人の割合がで脳炎を発症するといわれていて、死亡する割合も、先進国であっても1000人に1人といわれてます。(厚生労働省「麻しんについて」より)』

また、感染力も強力です。

『麻しんウイルスの感染経路は、空気感染、飛沫感染、接触感染で、ヒトからヒトへ感染が伝播し、その感染力は非常に強いと言われています。(厚生労働省「麻しんについて」より)』

感染する危険度はパパママ世代の方が大きい!?

今回の感染拡大で、沖縄県内でのはしかの感染者は100人(5月28日時点)に達しました。沖縄県の場合、100人中67人は20代から40代とパパママ世代だったことがわかっています。(沖縄県「麻しん(はしか)患者の発生状況について」より)

なぜかというとこの世代が、予防接種が1度だけ、もしくは受けていない人が多い世代だからなのです。パパが感染し、子どもに移してしまったというケースもあります。パパママも自分がちゃんと予防接種を2回受けているか、抗体があるか調べておく必要がありそうです。※ただし、妊娠中のママははしかの予防接種が生ワクチンのため受けられません。

100万回のハグよりも2回のはしかワクチンを!

現在は終息する傾向にあるはしか。しかし、世界を見渡してみるとまだまだ流行地域は多く、いつまた日本で流行するかわからないといえそうです。

ぜひ、愛するわが子に「100万回のハグより2回のはしかワクチンを」してあげましょう。1歳になったら1回目、小学校入学前に2回目。乳児期の予防接種を終えてホッとしてしまいがちの時期ですが、忘れずに。

文・ないちゃーよめ 編集・しらたまよ

関連記事

副反応が怖くて打てない?日本脳炎のワクチン・予防接種のリスクとは?
数ある予防接種のなかでも過去にたびたびニュースになっているのが、日本脳炎の予防接種です。死亡例のニュースは皆さんの記憶に新しいことでしょう。副反応が怖くて予防接種ができない!とおっしゃる方も少なく...
おもわずもらい泣き!代わってあげたくなる「赤ちゃんの予防接種事情」とは #産後カルタ
赤ちゃんを感染症などの病気から守るために、ママは生後まもなく予防接種を受けるよう、と自治体から指導されますよね。筆者も生後2ヶ月の赤ちゃんに注射するなんて……と驚いた記憶があります。注射で泣か...
2018年も猛威を振るう「インフルエンザ」予防接種は打つべき? 家庭で予防する「5つの感染対策」
インフルエンザが流行する季節、幼稚園や保育園などでお子さんが病気をもらってこないかどうか、心配ですよね。週末も感染を懸念し、人の集まるような場所を避けてしまうご家庭もあるでしょう。お家での手洗いな...
参考トピ (by ママスタジアム
怖いはしか!マスクでは防げない!パパママは大丈夫?