いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

アプリのないサイトをアプリっぽく設定する方法【iPhoneの場合】 #ママが知りたいネットの知識

pixta_33686290_M

とても有益なWebサイトを見つけても、そのサイトに専用アプリがないことがわかると、少し残念な気持ちになりませんか?

アプリだと立ち上げるだけで見たい情報にたどり着きます。アプリがない場合は、ブラウザアプリを立ち上げて、URLを入力するかブックマークから選ぶか、あるいは検索するか……などの流れでWebサイトを表示させることになります。アプリに慣れている人にとっては少し面倒な作業かもしれません。

しかしアプリがないWebサイトでも、ある設定をすれば、アプリのように使えるようになります。

Safariの「ホーム画面に追加」という機能をご存じでしょうか?

Webサイトを「ホーム画面に追加」するとサイトチェックが格段に楽に

iPhoneの標準ブラウザアプリ「Safari」は、ホーム画面にアイコンを追加し、アイコンをタップするだけでそのサイトに直接アクセスする機能を備えています。

どういうことかというと……

IMG_3994

たとえばママスタセレクトには専用アプリはありません(ママスタBBSにはあるのですが)。

しかしトップページ( https://select.mamastar.jp/ )を「ホーム画面に追加」することで、アプリと同じようなアイコンを設定することができます。サイトを見るときは、アイコンをタップするだけでOK。普段よく見るサイトに対してこの設定をしておけば、毎日のサイトチェックが格段に楽になりますよ。

「ホーム画面に追加」の手順は下記の通りです。

※画面はiOS 11.3.1 のものです

SafariでWebサイトをホーム画面に追加する方法

1. Safariで追加したいサイトを表示させます

2. 画面下部中央のアイコンをタップし、メニューを表示させます(アイコンが見当たらない場合、画面を上下にスクロールすると現れます)

IMG_3988
3.「ホーム画面に追加」をタップ(見当たらない場合は、スライドしてみてください)

IMG_3992
4. 名称やURLを確認、必要があれば名称を変更し、「追加」をタップ

IMG_3993
5. ホーム画面にアイコンが表示されました

IMG_3994

ちなみにアイコンの画像は、Webサイト側が用意しているものです。

またこの方法では、SafariでWebページが開きます。Google Chromeで開きたい場合は、操作自動化アプリ(代表的なものはWorkflow)を使うことになります。

毎日のサイトチェックがちょっと楽になるかもしれない「ホーム画面に追加」。興味がある方はお好きなWebサイトでお試しくださいね。

文・しらたまよ

※この記事ではiPhoneの場合のみの情報を記載しています

関連記事

子ども向けに見せかけた危険な動画、「エルサゲート」って知ってる? #ママが知りたいネットの知識
親の目が届かないところで動画を見せっぱなしにしていると、子どもが知らないうちに有害な動画を目にしてしまう可能性が指摘されるようになってきました。YouTubeや動画アプリなど、最近は大人も子どもも動画を楽しめる環境が充実。子どもはなぜか「おもちゃを開封する動画」や「見知らぬ兄弟姉妹がおもちゃで遊んでいる様子」なんかが好きですよね。子どもに静かにしてほしい場面では、動画を見せると効果てきめんで、親も実は頼りにしていたりして……。
スマホが容量不足のときに試したい「LINEのキャッシュ削除」 #ママが知りたいネットの知識
写真や動画を撮るときは、スマホの空き容量が気になりますね。写真や動画の整理をして空き容量を確保してみるものの、いざ撮影というときに「空き容量がありません」と表示されると、ただただ悔しい気持ちが湧いて...