いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

manga

娘の髪を自分で切りたい夫 VS 絶対切らせたくない妻のバトル #イラっとした旦那の行動

うちの娘(2歳)の髪がやっと肩まで伸びた頃。

夏になり、夫が襟足だけ伸びて変だと言って自分で切り始め……


「七五三前なのであまり切らないで」と言ったにも関わらず無残にもショートカットに。

当然、その年の秋の七五三には結えるほど伸びる訳もなく、満年齢にずらす羽目になりました。

そして、3歳の春、また切りたい欲が出てきた夫。「入園前にも切った方がいい」と言ってきます。

今度は切りすぎを回避する為、美容室デビューをすることに。

「俺の方が上手かもよ」と抜かしていた夫でしたが……、


美容室では娘が飽きないように、タブレット端末で動画を見せて下さったり、シャンプーも途中でやめて下さったり、至れり尽くせり。

娘も大人しく切られていました。

七五三の件を伝えると長さはあまり変えずに、綺麗に揃えてくださりました。

帰宅後、夫も「さすがプロは違うな」と納得してくれ、こうして娘の髪は守られました!

本当は節約の為にしばらくはお家カットをしたかったのですが、娘の貴重な髪代だと思えば安い、と思った出来事でした。

 

文、イラスト・チル

関連記事

年長では結べない!?女の子がひとりで髪を結べるようになるキッカケとは
幼稚園や保育園で髪の毛をおろしたままだと、食事や遊ぶときに邪魔になりますよね。髪の毛を短くするのは楽かもしれませんが、バレエなど習い事の都合や、親の好みで髪の毛を伸ばしている女の子もいることで...
ママの味方「子連れ歓迎」の美容室はどんなところ?託児の有無やキッズスペースなどのサービス内容とは
出産前「しばらく、美容室へは行けないから……」と、手入れのしやすいスタイリングに変えたり、ヘアカラーを暗くするママもいらっしゃることでしょう。 筆者は「産後3ヵ月くらいになったら美容室に...
美容師さん顔負け!失敗せずおしゃれな前髪が作れる「変身カットマスク」
長く伸びてきて、今にも目にかかりそうな子どもの前髪。前髪だけで美容院に行くのももったいないし、これくらいなら……と、ママたちは自らハサミを持ちます。チョキチョキとハサミを進めるものの、「あれ?...