いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

赤ちゃんとのコミュニケーションに悩んだら……絵本『ごあいさつあそび』は仕掛けがたっぷり

赤ちゃんと一緒

子どもがまだ上手に話せないうちは、コミュニケーションを取るのが難しいと感じるときもありますよね。何を思って泣いているのか、不機嫌なのかがわからず、ママもイライラしてしまうことがあるかもしれません。

そんなときは、絵本を読み聞かせてみるのはいかがでしょうか? 赤ちゃんに絵本なんて、早いんじゃないかと思われるかもしれませんが、赤ちゃんだからこそ楽しめる絵本があります。

今回ご紹介するのは、しかけ絵本『ごあいさつあそび』。読み聞かせの最中にしかけを動かし、読み手の声とともに動きを楽しみながら読むことができる本です。

親子で読みながら遊べる『ごあいさつあそび』はどんな絵本?

IMG_9188

絵本『ごあいさつあそび』は、きむらゆういちさん作、0・1・2歳児のための絵本で、『あかちゃんのあそびえほん』シリーズの第1作です。子どもにもおなじみの動物である、ひよこ、犬、ねこなどが登場して、お友達のゆうちゃんという女の子の家に遊びに行くお話です。

ごあいさつがイメージしやすいように、しかけのページをめくると登場する動物がおじぎをしながら、「こんにちは」を言う様子が描かれています。ゆうちゃんの家では、「こんにちは」以外のごあいさつも描かれていて、いろいろなごあいさつも知ることができる1冊になっています。

わが家では「もういっかい!」の嵐が巻き起こりました

出産祝いとしていただき、わが家では赤ちゃんのころから読めたこの本。赤ちゃんでもおなじみの動物に加え、怪獣まで登場するユニークなしかけ絵本だったので、読み聞かせをするのを私自身も楽しみにしていました。

動物の顔の部分をめくると、お辞儀をしながらあいさつをしている様子が再現される仕組みです。あいさつをするには、こうすればいいんだ! と子どもながらに感じていたようで、1歳くらいのわが子が一生懸命、絵本のまねをしてくれたのが印象的でした。

あっという間に、そのしかけの魅力にハマったわが子は、この絵本を読み聞かせしてほしいと、ほぼ毎日せがむようになりました。「もういっかい」の嵐がやってくるとわかっていながらも、声をあげて笑ったり、まねをしたりしているわが子がかわいかったので、毎日その時間を心待ちにしていたのがなつかしい思い出です。

絵本を読み聞かせして、楽しそうにしているわが子を見ると、不思議と気持ちがリセットできることがありました。子どもの笑顔や笑い声は、ママの疲れを吹き飛ばしてくれることがあるのかもしれませんね。

ちなみに『あかちゃんのあそびえほん』シリーズにはこちらの『ごあいさつあそび』以外にも、『いないいないばああそび』、『いいおへんじできるかな』など14作品に加え、プレゼントパック1作品があります。遊びながら読むことで、赤ちゃんが本は楽しいものだと思ってくれると、ママもうれしいですよね。1988年に『ごあいさつあそび』が発売されてから2018年で30周年。長年にわたって愛され続けてきたこのシリーズで、赤ちゃんとのコミュニケーションを取ってみてください。

文・藤まゆ花 編集・しらたまよ

『ごあいさつあそび』
きむらゆういち・作
価格:680円+税
発行:偕成社

関連記事

赤ちゃんの笑顔を引き出す魔法のシリーズ『あかちゃんのあそびえほん』 新シリーズ刊行!
大人気絵本である『あかちゃんのあそびえほん』シリーズ(偕成社)。タイトルだけをいわれてもピンとこないかもしれませんが、”それ”を見れば「ああ、あれね!」。 「我が子のお気に入り」「赤ちゃ...
子どもが大好きな「人気の絵本」と「UT」がコラボ!ユニクロ「絵本コレクション」
新年度から始まる生活に向けて、お子さんの洋服を準備中の方もいらっしゃることでしょう。ユニクロからは、子どもたちが大好きな絵本とコラボした、思わず手に取りたくなる「絵本コレクション」が発売中です。ユニク...
絵本デビューに!『じゃあじゃあびりびり』は赤ちゃんの成長を感じる1冊 #ママの悩みに寄り添う絵本
子どもに絵本の読み聞かせをしてあげたい、というママもいらっしゃいますよね。読み聞かせの効果には、語彙力がアップする、感情が豊かになるなど諸説ありますが、赤ちゃんのころなら、文字や絵の理解が目標...