いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

子どものほっぺがママを誘う!?たまらない我が子とのスキンシップとは #産後カルタ

04 子どものお肌はきめが細かく、弾力もあって滑らかな感触ですよね。特に赤ちゃんや幼児の肌は見るだけで触りたくなるほど魅力的です。子どもの肌の中で一番、といっていいほどママたちを誘惑するのが、ほっぺのようです。抱っこのついでに、寝顔に、と機会を問わず子どものほっぺを愛でているママたち、少なくないのではないでしょうか?

『子どものほっぺ甘噛みしたくなる! 食べたい』

腕・ほっぺ・おしりも!ママたちを誘惑する子どものお肌ラインナップ

『腕とかはむはむしたくなるし、しちゃう』

『ハムハムするよ』

『はむはむするー! 4歳の下の子がまだぷにぷにで可愛いすぎる』

『するよ。まだ4歳でほっぺ可愛いから』

『わたしは一緒にお風呂に入るとあのプリケツにかぶり付きたい衝動に勝てなくて毎日かぷっといっちゃう。そして怒られる。「お尻は食べたら駄目!」って』

『4歳息子の(おしり)は我慢しているけど、1歳娘の(おしり)は我慢できずに食べる』

ママたちからは、子どもの腕やほっぺだけでなくおしりまでも愛おしい! というコメントが寄せられました。1歳からだいたい4歳くらいまでがママたちを誘惑する年齢のようです。キスするだけではなく、吸い付くことで子どもの肌の弾力を堪能できるのでしょうか。もちろん痕が残るほど強く吸い付いたりするわけではありません。あくまでスキンシップの一環としてママたちは子どものお肌の感触を楽しんでいるようです。

濃いスキンシップは期間限定!?子どもの成長にともなって失われる「ぷにぷに」感

『5~6歳になって、お肉がスッキリしたらできなくなるから今のうち』

子どもとの濃いスキンシップを楽しんでいるママたちからは、子どもが成長して体形も引き締まってきてお肌の「ぷにぷに」感が失われると、吸い付くことができなくなるから! というコメントが寄せられました。急に身長が伸びる子どももいますし、ますます動きが活発になってスマートになる子どももいますよね。確かに期間限定かもしれません。スキンシップを楽しめるうちに、また子どもが受け入れてくれている間にママたちは充分に堪能するといいとおもいます。 ママにとって大切な時間であろう濃いスキンシップは残念ながら期間限定のよう。でも心配することはありません。吸い付くことができなくなっても子どもとのスキンシップをとる方法はほかにもありますよね。毎日抱きしめて「大好きだよ。愛しているよ」と伝えてあげるのも手です。ママは自分の腕の中で子どもの成長を実感しながら子育てを楽しんでくださいね!

文・しのむ イラスト(産後カルタ)・めい

産後カルタとは・・・コンセプトは「産後のママだからこそ分かる気持ち」。#産後カルタ はママの泣ける、笑える、そんな気持ちを様々な作家が代わる代わる連載していくSNS連載企画です。 #産後カルタ を連載しているママスタのインスタアカウントはこちら
#産後カルタ を見に行く

関連記事

子どもの寝顔を見ては「こんな母親でごめんね」と泣いていた私が救われた一言
筆者にはもうすぐ3歳と1歳になる息子がいます。子ども好きだったので前職では子どもに関わる仕事に就いていましたが、このままでは仕事と子育ての両立が難しいと考え、結婚を機に退職する道を選びました。その後2...
園に通う子どもが、家で急に甘えてくるようになった
入園や進級のある4月、夏休みや冬休みのあと、あるいは体調不良で欠席が続いたあとの最初の登園で。子どもが幼稚園や保育園から家に帰ってきたとき、急に甘えてくるようになったという経験はありませんか? ...
「気をそらす」「抱きしめる」「放っておく」ママたちの「三大イヤイヤ対処法」とは
子どもが身体全体で思いっきり「イヤ!」「自分で!」と主張するイヤイヤ期。付き合う親も大変な時期ですよね……本当はママも落ち着いて受け止めたいけれど、仕事や家事にやることがいっぱいで余裕がなく、毎回冷静...
参考トピ (by ママスタジアム
子供のほっぺ甘噛みしたくなる、食べたい