いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

妊娠中でも「1日2杯」ならコーヒーを楽しめる!「カフェイン」との上手な付き合い方

pixta_32693287_M

妊娠中は食べ物や飲み物に気をつけなければならないこともありますよね。筆者は妊娠したらカフェインを摂取してはいけないと思っていたので、大好きなコーヒーが飲めなくなることが辛かったです。
しかしコーヒーを飲まないようにしたとしても、カフェインは緑茶やコーラ、チョコレートなど多くの食品に含まれています。カフェインを含む食品を一切食べない・飲まないようにするのは、かなり難しいように感じました。ほんのわずかな量でも摂取してはいけないのか、それとも、ある程度の量までは摂取しても大丈夫なのかによって、注意のしかたも変わってきます。そこで筆者は、妊娠中にカフェインをどのぐらいの量に抑えるべきなのか調べてみることにしました。

妊娠中のコーヒーは「1日2杯」程度までにすることが推奨されている

調べてみると、WHO(世界保健機関)の基準では、「カフェインの胎児への影響についてはまだ確定していないが、妊婦はコーヒーの摂取量を一日3~4杯までにすべき」とされているようです。また、WHOより厳しい基準をもうけているイギリスの保健機関は、妊娠した女性に対して「一日当たりのカフェイン摂取量を200mg(コーヒーをマグカップで2杯程度)」に制限するよう求めているそうです。

筆者は妊娠中はコーヒーを一切飲んではいけないと思っていたので、より厳しい水準でも1日2杯程度の量であれば許容されていることに驚きました。コーヒーと同様にカフェインを含む緑茶やコーラなども、1日あたりのカフェイン量が200〜300mgを超えない範囲に収めるのが制限の目安になりそうです。筆者が想像していたほどには厳しい制限をしなくても済みそうで、ホッとしました。

妊娠中の「ハーブ」の摂取には注意が必要

意外だった情報は他にもありました。筆者はハーブティーはカフェインレスのため妊娠中に活用できると思っていたのですが、妊娠中のハーブ製品の摂取には注意が必要なようです。国立健康・栄養研究所による資料では、以下のように注意が呼びかけられています。

ハーブ製品は医薬品に比べると、自然で安全なものと誤解されがちですが、安全性が未検証であったり、医薬品成分として規制されている素材(材料、成分)もあります。ハーブの中には毒性成分や、子宮刺激作用のような妊娠中に適さない薬理作用をもつ成分を含むものもあります。

筆者はハーブ製品は体に良さそうなイメージを持っていたので、種類によっては妊娠中の摂取は避けたほうがよいものがあるとは知りませんでした。たとえばカモミール、アロエなどは日本でも馴染みのあるハーブですが、イギリスやカナダの保健機関は妊娠中の摂取を避けるべきとしています。ハーブ製品は医薬品などとは違い、厳密な品質検査を受けていないものが多く、妊娠中の有効性や安全性についての情報がほとんどないのが現状だそうです。

日本では海外に比べれば妊婦さんがハーブを利用することは少ないそうですが、最近ではインターネットでハーブティーなどハーブ製品の広告を目にすることもあるので、もし利用する際は一度お医者さんに相談したほうがいいかもしれませんね。

妊娠中も大好きなコーヒーを楽しむことができ、ストレスを減らすことができた

適量であればカフェイン入りの飲み物を飲めることがわかったので、筆者は妊娠中も1日1〜2杯のコーヒーを飲んでいました。妊娠前からの習慣だったので、無理に我慢せずに済んだおかげで余計なストレスを減らすことができました。その後、無事に出産を終え、母子ともにとても健康に過ごしています。現在は授乳期ですが、たまの息抜きには大好きなコーヒーを楽しむこともありますよ。

「一切摂取してはいけないのではなく、量に気をつけるべき」という考え方を学べたことで、不必要に我慢しすぎずに済んで良かったです。これからは自分だけでなく、子どもに食べさせるもののことも考えなければならないので、 「どんな栄養素を、どのぐらいの量だけ摂取するのが適切なのか?」という情報はできるだけ知っておくように心がけたいと思います。

文・nakamon

関連記事

眠いのに寝付きが悪い……妊娠中の「不眠」を乗り越えた「3つの対策」
眠いはずなのに眠れない……そんな経験をされたことはありますか? 筆者は妊娠初期のころ、眠くて仕方がないのに、いざベッドに入って眠ろうとするとなかなか寝付けない日が続きました。ただでさえつわりで...
妊娠中や授乳中でも、飲んでよい「薬」がある!?「子育て中の体調不良」で無理をしないために知っておきたいこと
赤ちゃんを育てていると、疲れや睡眠不足のため体調を崩してしまうママもいるのではないでしょうか? 筆者は子どもが生後1ヶ月半を過ぎたころ、風邪を引いてしまいました。しかし、子どもを母乳メインの混...
妊娠中の「食べつわり」での太りすぎを防ぐために役立った「5つの食材」とは
妊娠中の「つわり」には多くのママが悩まされたのではないでしょうか。つわりの症状は人それぞれで違いがあるようですが、筆者は空腹になると気持ちが悪くなるという症状でした。公益財団法人 母子衛生研究...