いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

「土下座派」と「バックドロップ派」の勢力争い!?子どもたちのイヤイヤ期バリエーションとは #産後カルタ

カルタお

子どもがおおよそ2歳ごろになると、「二語文」を話せるようになってきますね。ママやパパとコミュニケーションがとりやすくなる時期です。しかし、やっとおしゃべりできるようになったとはいえ、子どもは自分の意思を伝えられるほどの語彙は持ち合わせていません。公益財団法人母子衛生研究会によると、2歳ごろの年齢になると指示されたり行動を制限されたりすることを嫌がる傾向にある、と言われています。いわゆる「イヤイヤ期」到来、というわけです。そして子どもは「いやだ」という感情を身体全体で表現してくれますよね。

そんなイヤイヤ期の表現バリエーションをご覧ください。

『2歳、気に入らないと真顔で床に寝そべる。泣きもせず、寝たら動かず、要求が通らないから抗議している。すぐに抱きかかえるけど、そうすると大泣き。買い物はネットスーパーだけにしています』

大和田常務かよ!「土下座派」の子どもをもつママたち

イヤイヤ期を身体で表現する例えで、床などにうつぶせになって泣いたりする姿勢を「土下座派」と呼んでいるママもいるようです。

『うちはうつぶせになってレスリングの防御のようになる。捕まえようとするとハイハイで逃げる。やめて!』

『うちの末っ子は、突然突っ伏してシクシク泣いていたなー』

『うちは一歳半から黙って土下座みたいな格好して突っ伏すよ……。たまにチラチラこっち見て心配して欲しがるっていうか様子見ている。どうすりゃいいんだよ…と思うけど、きっと親を試してるんだよね』

ママたちからは、土下座でイヤイヤ期の感情を表現する子どもに困惑しているコメントが寄せられました。泣いて土下座する姿は、まるでドラマ『半沢直樹』の大和田常務のよう?(笑) 中には親の様子を観察しながら土下座している子どももいて、ママは「試されている!」と感じておられるようでした。レスリングの防御姿勢をとった挙句、捕まえようとすると逃げるお子さんをお持ちのママは手の出しようがなくなることも……。お疲れ様です、としか言いようがありません。

アントニオ猪木かよ!「バックドロップ派」の子どもをもつママたち

また、抱っこの状態から、あるいは床に仰向けにのけぞって泣いたりする姿勢「バックドロップ派」の子どもを持つママからもコメントが寄せられています。

『息子の場合は外では恥ずかしいのかしないけど、家のなかじゃ少しでも気に入らないことあったらひっくり返るよ』

『気に入らないと寝そべって抵抗して、そのうち声枯れるまで大泣き。ジタバタ床や壁蹴って暴れまくっている』

『泣くわけでもなく、真顔で仰向けに寝て動かなくなるから 何それっ? てビックリした』

『2歳の娘も最近お店でやる。抱っこしても泣き叫んで海老反りで店中に泣き声が響いている』

バックドロップバージョン、あるいは海老ぞりバージョンでイヤイヤ期の感情表現をする子どもをお持ちのママたちも困惑しているよう。アントニオ猪木の必殺技でもある「バックドロップ」。そんな状態で暴れてしまうと、頭を床で打ち付ける危険性もありますので、ママはうかつに手を出せなくなりますよね。中にはただただ真顔で仰向けに寝転がる技を繰り出す子どももいて、イヤイヤ期の必殺技にも様々バリエーションがあることがわかります。

イヤイヤ期の子どもへの対策は「放置する・見守る・抱えてその場を立ち去る」

『イヤイヤ期だなーと思って放置している』

『怒ることでヒートアップするから怒れない。小脇に抱えて去るしか方法ない』

『私もマグロと叫ぶのも両方経験した。今後小さい子どもがイヤイヤ状態見つけたら優しく見守りたい』

外出先などでイヤイヤと感情表現をする子どもへの対策として、ママたちからは「放置する(見守る)」「抱えてその場を立ち去る」といった方法が寄せられました。イヤイヤ期で泣き叫んでいる子どもを叱ることは火に油を注ぐことにしかならない、とママたちは経験から知っているようです。子どもが落ち着くのを待てる状況なら、そばで見守るのもいい方法かも。また、イヤイヤ期の子どもを見守るママやパパを見かけた場合でも、優しく見守りたい、というコメントも。経験したママだからこその優しいまなざしですよね。

バリエーション豊かなイヤイヤ期の感情表現。ママやパパにとっては悩みの種かもしれません。でもイヤイヤ期は子どもにとって成長の証でもあります。上述の公益財団法人母子衛生研究会によると、子どもの目線に立って子どもの要求や希望を聞いてあげることがイヤイヤ期の子どもを持つ親の大切な役割なのだそうです。いったんは要求や希望を聞いたうえで、「今やるべきこと」を説明し、子どもが自分から動くように上手に誘ってあげてくださいね。

文・しのむ イラスト(産後カルタ)・なかやまねこ

産後カルタとは・・・コンセプトは「産後のママだからこそ分かる気持ち」。#産後カルタ はママの泣ける、笑える、そんな気持ちを様々な作家が代わる代わる連載していくSNS連載企画です。 #産後カルタ を連載しているママスタのインスタアカウントはこちら
#産後カルタ を見に行く 3月10日 11:24

関連記事

あなたのお子さんはどのタイプ?フリースタイルな「イヤイヤ期の態度」 #産後カルタ
子どもがだいたい2歳ごろになると、自分の意思を親に伝えられるようになりますね。ただ、少しでも自分の意に沿わないことがあると泣き叫んだり暴れたり……。まさに必死で抵抗します。いわゆる「イヤイヤ期...
イヤイヤ期真っ只中「ありのままを受け入れてもらえた」先輩ママの言葉 #あの人に今ありがとう
日々、正解のない子育てに奮闘していると、ときにはどうしても辛くて逃げ出したくなったり、くじけそうになったりしてしまうこともありますよね。そんなとき、誰かに優しくしてもらえたり、心がホッと軽くなるよ...
イヤイヤ期の二歳児にヘトヘト期のママたち
イヤイヤ期は自分の気持ちや行動をコントロールする術を学ぶ、とても大切な時期。しかし嵐のごとき自己主張を怒りとともにぶつける我が子に、ママは今まで感じ得なかったほどのストレスを感じずにはいられない時...
参考トピ (by ママスタジアム
二歳、気に入らないと真顔で床に寝そべる