いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

「もっと食べたい!」自我が強くなってきた赤ちゃんへの「よそうフリ作戦」 #育児は大変で楽しい

1歳になると離乳食もそれなりに進んでいる赤ちゃんも多いのではないでしょうか。

我が子はすんなりご飯を受け入れてくれるタイプだったので、
1歳になるころには、すっかりミルクを飲まなくなり、
完全に離乳食だけで生活していました。

好き嫌いもなく、くちに運ばれるごはんを
無心で食べてくれていた我が子。

しかし1歳を超え、掴み食べが出来るようになると
ぐんぐん自我が強くなり、自分の好きなものを好きな順番、好きなペースでしか
食べなくなってしまいました。

ひっくり返したりこぼしたりしてしまうと
食べる量が少なくなって、また作らなければならないし、
もったいないな、掃除が面倒だな、
服が汚されたくないな……と言い訳をして
手づかみ食べもスプーンを渡すのも、全然してきませんでした。(これは私が悪いですね)

結果まだあまり上手にスプーンが使えません。

そんな状態で、「自分でやりたい」ことと「うまく出来なくて怒る事」が増えてしまい
つかみ食べ出来るものだけを自分で食べ、あーんを受け入れてくれない場合が多く、
それでも食べたくないわけではないので、全部食べるまでごちそうさまはしない。
結果、ごはんの時間がどんどん長くなってしまい、ちょっと疲れてしまいます。

特に我が子はフルーツが大好きなので
盛ってあるお皿を見つけると「あれを最初に食べる!」とずっと指さします。

我が子の場合最初に食べても他の物を食べなくなるということはないので
順番を気にするほどではないのですが、
食べ終わってしまうと「もっと!もっとフルーツが食べたい!」と騒いでしまうので
なんとか食べるタイミングを引き伸ばしたいものです。

「あれ食べたい!」のオーダーを乗り切った「すり替え」作戦

そこで、予めその他のおかずやごはんをスプーンに載せ、

フルーツのお皿を手にし、それをよそうフリをして

あーんしてみたら、自分が指示したものをもらえたと思って、食べてくれました。

そのままあーんしても今は食べたくない!とプイッとしていたのに!

騙されていて可哀想ですが、自分のしたい事がちょっと叶って、納得してくれたようです。

それでも2、3回続けていると「これはフルーツの味じゃない!」と気づき

プイッとされてしまうので、今度は本当にフルーツをあげたり

掴み食べできるものをすすめてみたりして、気を紛らわせています。

もっと大きくなったら、全然こんなことも通用しなくなってしまうでしょうが、

この束の間の、やりたい期の始まりのような我が子との駆け引きでした。

文、イラスト・んぎまむ

関連記事

我が子のおしりをくんくん においの正体は? #イラッとした旦那の行動
赤ちゃんのおむつのにおい。 敏感に感じ取りますよね。 特にうちの子はおむつ関係で泣かないので 時間やにおいで交換してあげないといけません。 んん!? 不穏なにおい!! ち...
夜遅く、仕事から帰ってくるパパへ #パパにも知ってほしい
赤ちゃんが産まれてからというもの、 どうにもバタバタしてしまってやりたい家事すべてに手が回りません。 しかしママとしては、日中赤ちゃんが過ごすスペースだけでも 毎日掃除機をかけたいですよね。...
舞い降りた「救世主」 #ママになってよかった話
結婚すると、どうしても避けられないのが親戚づきあい。 結婚前から同棲していた我々は、 義実家との家族旅行、餅つき大会、大晦日、お食事会など カップルのときから参加してきました。 ただ私はその度...