いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

おかもとまり:第6回 結婚当初は一切家事ができなかった旦那さんが、今では進んで手伝ってくれます

現在、9歳と2歳の男の子二人を育てているおかもとまりさん。ご主人は、作曲家のnaoさんです。naoさんの連れ子である9歳の長男と、2015年に生まれた次男との4人家族として生活しているおかもとさんの、育児についてのお話を伺っていきます。

インタビュー第6回は、おかもとさんと旦那さんのご家庭での役割分担についてです。家事が一切できなかったという旦那さんが自ら進んで家事をやってくれるようになったそう。おかもとさんは、旦那さんを家事ができる夫に育てるために、どのようなことをしているのでしょうか。
おかもとまり

■旦那さんとは、家事や育児の役割分担を決めていますか?

結婚当初、旦那さんは全く家事ができない人だったんです。最初は、ゴミ出しくらいしかできない人だったんですよ(笑)。最近は少しずつできるようになってきたので、できることを頼んでいます。頼んだことは、下手ながらもやってくれるんです。

ちょっと前に、私が体調を崩したことがあったんです。子どもたちのご飯は前日に作ってあったんですけど、旦那さんの分を朝起きてから作っていたら、「体調が悪いのにご飯を作っている」というのを察知したのか、自発的にお風呂掃除をしてくれていたんです。2年前には考えられないことだったので、すごくびっくりしました。

■そこに気づくというのがすごいですね。感謝の気持ちを伝えたりしていますか?

お風呂掃除のときは、「どうして洗ってくれたの? 私が体調悪いのに、頑張って朝ごはんを作ったから?」と聞いたら、「うん。そうだよ」と言うので、「ありがとう」と伝えました(笑)。今朝も、仕事で徹夜明けの中フレンチトーストを作ってたら、自分から洗い物をしてくれたんです。「どうして洗い物してるの? 私が頑張ってるから?」と聞いたら「そうだよ」と。

私が頑張ってるのを見て、家事を手伝ったりして応えてくれるようになりましたね。

■おかもとさんは、すごくうまく旦那さんを伸ばしているんですね!

最初そういう気持ちはなかったんですけど、私がちゃんと頑張れば、旦那さんもそれを察知して頑張ってくれるんだなと思うようになりました。旦那さんは、「まりが、頑張ってるな」と思ったら、いろいろと進んでやってくれるんです。すごく優しい人なんですよね。

■家事が一切できなかった旦那さんに、どのように家事を教えたんですか?

そうですね……、たとえば洗濯だと、彼は洗剤の量がわからないので「洗濯機を回しておいて」とは頼めないんです。だから、「干すことはできるよね? 適当に干して良いから干しておいてくれる?」とお願いします。シワを伸ばすとか細かいことはまだできないので、とりあえず干してもらってシワは私が伸ばします。でも「適当に干していいから」と言うと、「できる」と思ってやってくれるんです。

「食事は私が作るけど、洗い物はお願いね」とお願いしたりします。そうやって、いろんなことが分担できるようになってきました。

■「シワも伸ばしてね」ではなく「適当でいいよ」と頼めるのはすごく優しいですね。イラッとすることはないですか?

全然優しくないです(笑)。最初に頼んだとき、あまりにシワだらけだし、Tシャツの袖は丸まったままで干してるしで、めちゃくちゃ怒りました。

でも知らないことを怒っても仕方ないので、そこからできることは伸ばして、できないことはできるようになるのを気長に期待しようかなと思ってるんです。

■子育てのようですね(笑)。おかもとさんは、旦那さんを育てるのが上手なんですね。

おかもとまり
うまいです! それは、自信があります(笑)。今朝も、料理なんてしたことがない旦那さんが、「僕も料理覚えようかな」と言ってきたんです。だから、「今度教えてあげるね」と約束しました。

最初は大変だったんですけど、「これとこれをやって」と、できる範囲の中でお願いしていくことを続けたら、この2、3年で自分から進んでやってくれるようになりましたね。

■いい関係ですね。お二人は夫婦ケンカをしますか?

旦那さんが私に怒ったことは一度もないです。私が一方的に怒ってるばかりなので、それはケンカじゃないですね(笑)。

言い返してくることもないので、それに怒ったこともあります。「あなたには、感情がないの? 何で怒らないの?」と。でも「まりが怒ってるときに、僕が一緒に怒っても何も良いことがないから」と冷静に言われました。神社でお参りしても、世界平和を祈るくらい優しい人なんです(笑)。

■おかもとさんが怒ったときは、どのように気持ちを落ち着かせるんですか?

私が怒ったときは、一人の時間をもらって、自由に過ごさせてもらいます。一人の時間を持つことで落ち着けることもありますよね。


できることを頼む、できないことを責めない、長い目で見るという方法で、旦那さんは成長するのですね! その関係が成り立つのも、旦那さんの優しさがあってのことなのですね。
次回もお楽しみに。

(取材・文:上原かほり 撮影:chiai)

関連記事

おかもとまり:第3回 長男と全く同じ経験をしている父は、結婚をすごく喜んでくれました
ものまねタレントとして活躍し、現在は9歳と2歳の男の子二人のママとして、株式会社minto.の社長としても多忙な日々を送る、おかもとまりさん。ご主人は作曲家のnaoさんです。naoさんの連れ子である9...
おかもとまり:第2回 いきなり6歳の子どもができた人生をすごくラッキーだと思っています
ものまねタレントとして活躍し、現在は9歳と2歳の男の子二人のママとして、株式会社minto.の社長としても多忙な日々を送る、おかもとまりさん。ご主人は作曲家のnaoさんです。naoさんの連れ子である9...
おかもとまり:第1回 ちゃんとしたプロポーズがなかったので、プロポーズへの憧れがあります
ものまねタレントとして活躍し、現在は9歳と2歳の男の子二人のママとして、株式会社minto.の社長としても多忙な日々を送る、おかもとまりさん。ご主人は作曲家のnaoさんです。naoさんの連れ子である9...