いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

鼻からスイカどころではない!?「分娩所要時間」が長いママ、「スピード出産」のママの体験談

pixta_4823678_M

「分娩所要時間」とは陣痛開始から胎盤娩出までの時間のことを指す言葉です。母子手帳などで目にした方もいるのではないでしょうか? この「分娩にかかる時間」ですが、実際のところ妊婦さんによってさまざま。2日以上かかる方もいれば数十分の「スピード出産」になるママもいます。

ママスタBBSでも、そんな「分娩時間」について様々な体験談が寄せられていました。

長い人は、なんと20時間以上!一筋縄ではいかない出産

出産の痛みはよく「鼻からスイカ」と例えられますが、その痛みは実際どのくらい続くのでしょうか? どうやら長い人では20時間以上かかるという方もいるようです。

『初産で約23時間。破水から始まり14時間子宮開かず転院させられそこで6時間かけて4cm、2時間かけて一気に全開で分娩台あがって10分で産まれました』

『25時間。MAXの痛みが8時間続いてしんどかった』

『初産で陣痛が来てから29時間。分娩台にあがってからは3時間位。下半身が取れるかと思った。鼻からすいかではなく鼻から地球だと思った 』

『初産で、30時間35分かかった…夜中を2回越しました…2日目の朝に先生によって人口破水されてやっと生まれました。分娩台に上がったからは1時間で生まれました!!』

こちらまで痛くなってしまうくらい、過酷な経験ですね。「鼻からスイカ」どころではなく「鼻から地球」という例えも、ママの必死さが伝わってきます。

わたしは「スピード出産」でした!逆に短時間で出産したケースも

『急に陣痛間隔が分からないほど痛くなって、車で15分で病院に行って、すぐ分娩室。子宮口全開なのに赤ちゃんは下がってなくて、お腹押されて出産した。多分トータル30分以内』

『自然に陣痛きて10分間隔の時に病院行ったけど(タクシーで五分)
診察室に行く前に病院内の廊下で生まれた。
3850グラムの息子』

中には陣痛が来てから1時間以内に生まれたという方も。「スピード出産」だったとしても、痛みがあったりなかったりと個人差はあるようですが、できる限り短い時間で出産したい、というのは妊婦さんの願うところでしょう。とはいえ、「スピード出産」には「痛みが短い」という面もあれば、「病院で産めるかどうかわからない」という不安要素も。そんな場合に備えて、妊婦さん・周囲のサポートする方は緊急時の対処法も事前に覚えておくと安心ですね。

出産は赤ちゃんが誕生する奇跡の瞬間。分娩の時間がどうであれ、分娩方法がどうであれ、立派な出産です。これから出産を迎える方は、いつか我が子に出産時のエピソードが話せるよう、今を乗り切りましょう。無事出産されることを祈っております。

文・編集部

関連記事

「出産内祝い」って何をすればいいの? #今さら聞けない基礎の基礎
出産してから、あるいはその前にまっさきに考えておきたいのが、「内祝い」です。「内祝い」は出産に限らず結婚や新築、病気快気などにもついてまわるマナーなので、どんなものかをイメージできる方は多いか...
出産直後「最初に発した言葉」は何だった?
出産は十人十色。妊娠中からどんなに育児雑誌などを読んで勉強していたとしても、なかなか参考書通りにお産が進まないことの方が多いのかもしれません。赤ちゃんとの対面の瞬間も、想像していたものとは全く違ったと...
妊娠を機に「引っ越し」を決断!出産前に済ませてよかった「3つの理由」
子どもが産まれるのをきっかけに、引っ越しをされる方もいるのではないでしょうか? 筆者はかなり手狭なマンションに住んでいたため、妊娠が判明してすぐに引っ越しを考え始めました。が、引っ越しをする際...
参考トピ (by ママスタジアム
ママたちの分娩時間は何時間くらい?初産と2人目以降の時間の違いも教えてもらいました。