いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

編まないで簡単!毛糸のふわふわシュシュの作り方

寒い時期にぴったりの「編まないで簡単! 毛糸のふわふわシュシュ」の作り方を動画にてご紹介しています。

ストローに毛糸をくるくる巻いていくだけで、あっという間にできちゃうシュシュ。まるでファーのようなシュシュは見栄えが良く、しかもお子さんと一緒に作れるほど、とっても簡単! 長くすればネックウォーマー、応用すればツリーやリースまで作れちゃいますよ。 作る時のポイントを丁寧にゆっくりと解説いたします。 では早速、材料のご紹介から。

材料

・毛足の長いふわふわの毛糸  100均ショップダイソーさんのフェイクファーヤーンを使用 ・ストロー  ダイソーさんのタピオカストローを使用 (子ども用は15cm、大人用は20cmほどの長さがお勧め) ・はさみ ・ヘアゴム (輪になっていないもの。長い状態のまま作ります) ・クリップや洗濯バサミ ・テープ 続いて作り方をご紹介します。

作り方

 

ヘアゴムをストローにセットします

①ストローの片側に、上下1本ずつ1.5cmほど切れ込みをいれます。 ②ストローの切れ込みのない方から、ヘアゴムを通します。 ③ストローに通したヘアゴムは、15cmほどストローの先端から出しておきます。 ④切れ込みの1つ目に、さきほど15cm残しておいたヘアゴムを挟み、ストローの外側にヘアゴムをくるりと半周させて、2つ目の切れ込みに挟みます。 分かり易いように拡大するとこんな感じです。 ⑤ヘアゴムの端をストローの中央に向けて手で持っておきます。 ⑥ヘアゴム周辺に、テープをストロー1周分くるっと巻き、ヘアゴムを固定します。 ⑦ヘアゴムの端を、ストローの吸い口側に向けて折り、テープを再びくるっと1周巻いてヘアゴムを固定します。 ヘアゴムがストローの外側にあると、毛糸が巻きやすくなります。このやり方だと、テープで2回巻き止めるので、ヘアゴムがストローから外れにくくなりますよ。

毛糸を巻きます

①ストローのテープのない側に、毛糸のストロー1本分の長さの所を ヘアゴムと一緒にクリップで挟んで止めます。シュシュを作る場合、テープのない側のストローすぐ横に、クリップを止めます。 シュシュを長くしたい場合は、ストローのテープを止めた辺りから測って、お好みの長さのところで毛糸とヘアゴムをクリップで止めます。 ②ストローにくるくると5~7回(目安はテープの手前まで)毛糸を巻き付けます。強く巻き付けると、あとで外しにくくなるので、軽く巻き付けてくださいね。 ③巻き付けた毛糸を、クリップに向かってきゅっと寄せます。寄せた時に、クリップ側の手でしっかり毛糸が緩まないように持ちます。この「毛糸をストローに5~7回巻いて、クリップに寄せる」をくり返して、テープのすぐ横まで巻き付けます。

シュシュにします

①ヘアゴムを止めていたテープを外して、ゴムをストローの切れ込みから外します。ヘアゴムがストローの中に引っ込まないように、片手でしっかり持っておきます。 ②クリップも外し、毛糸がばらけないよう、両手でしっかり持ちます。 ③長いゴム束のある方(クリップで留めてあった方)へ、毛糸を握って寄せます。毛糸を徐々にストローからヘアゴム束側のヘアゴムへと移動させます。 ④毛糸の巻き終わりがストローの半分ほどまで移動できたら、ヘアゴム束側の手で毛糸の巻き終わり部分をしっかり持って、ストローをヘアゴムの端の方へ引き抜きます。 ⑤ヘアゴムを両手で持ち、毛糸を揺らして、ゆったりと左右に広げます。 ⑥先ほどとは逆方向に、ゴムの端に向かって毛糸をきゅきゅっと寄せていきます。 ⑦シュシュのゴムの長さをお好みで決めます。結ぶためのゆとりを持たせて、余分なヘアゴムをハサミで切り、なるべくヘアゴムの端の方で結びます。 結んだヘアゴムの端が短いほど、シュシュの中に隠れて目立たなくなります。ヘアゴムの端がシュシュの中に隠れなかった場合は、余分なヘアゴムをはさみで切りましょう。 ⑧残った毛糸の端を2~3回ほど結び、1本にまとめて持ちます。 ここでハサミで余分な毛糸をカットして完成でも良いですが、シュシュに巻き付けて終わっても良いですよ。巻き付ける方は⑨⑩もご覧ください。 ⑨ストローを、毛糸の結び目近くに当てて、毛糸の端をストローごと巻き込むように、シュシュの輪の中に通します。毛糸の端が完全にシュシュの中に紛れるまでこれをくり返します。 ストローを挟むことで、毛糸の輪がきつくならず、毛糸の端まで自然にシュシュに馴染みますよ。 ⑩ストローを引き抜きます。 これで完成です。

出来上がったシュシュ

今回は20cmの長さのタピオカ用ストローで作ったシュシュです。大人の手にはめてみるとこんな感じです。

ストローとシュシュの大きさ

ストローの太さや、長さによって、出来るシュシュの大きさや太さが変わります。作ったストローと出来上がったシュシュを並べて比較してみました♪ ピンク色はダイソーさんのタピオカストロー、赤と緑はダイソーさんのペーパーストローです。 ストローが太いほど、シュシュの直径が大きくなります。 ストローが長いほど、シュシュの輪が大きくなります。

シュシュのアレンジいろいろ

1.ビーズやメタルパーツでアレンジ

別の毛糸にビーズを通して、シュシュに巻きつけて結びました。

2.ヘアアクセサリーにアレンジ

小さく作ると、ファーポンポンのように使えます。こちらは小さなシュシュをカチューシャに通してみました。 小さなシュシュにヘアゴムに通すと、ファーポンポン付きのヘアゴムになります。

3.リースにアレンジ

ヘアゴムの代わりに針金を使って、好きな形のリースに。

4.ツリーにアレンジ

シュシュを大1コ・中2コ・小1コの計4個作り、トイレットペーパーで作った三角錐にシュシュを通せば簡単ツリーに。作り方はブログにてご紹介しております。 どれもこれも、毛糸をストローに巻くだけ! とっても可愛くて簡単な毛糸のふわふわシュシュ。ぜひお試しください。

作り方の動画はこちら

 

文・ママスタセレクト 公認クリエイター さくら

関連記事

手作りラムネが簡単に作れる!しゅわしゅわで食べて楽しい!
子どものおやつに、意外と買うことが多いラムネ。 実は、簡単に作れるって知っていましたか? 基本的な材料は、粉砂糖、重曹、クエン酸と水! 混ぜて固めて乾燥させるだけで作れちゃうんです。 ポイン...
空き容器が赤ちゃんのおもちゃに大変身!先輩ママたちが簡単おもちゃの作り方を伝授 #産後カルタ
ママになったら赤ちゃんに毎日楽しく過ごしてもらおうとお世話に心を砕きますね。室温や湿度、着る服を調整したり赤ちゃんが過ごす部屋にはクッションマットを敷き詰めたり……。その上でさらにママたちは赤...