いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

子どもの“うんちブーム”を笑顔で乗り切ろう!親子で楽しく学べる絵本『うんこしりとり』

未就園児や小学生低学年くらいのお子さんがいるご家庭では、お子さんの“うんちブーム”がいつまで続くのかわからないヒヤヒヤ感がありませんか?(※お食事中の方、お許しください!)。もしブームが来てしまった場合、「うんちなんて言うのはやめなさい!」と頭ごなしに発言を禁止をすると、さらに逆効果な場合も。発言を無視をするにも、ブーム全盛期はいつどこで何をしてても「うんこ、うんち、うんこ~」

そんなお子さんの対応に困ってしまったら、逆にママもその“うんちブーム”に便乗し、「学習」につなげてみてはいかがでしょうか?

「うんこ」と「しりとり」が奇跡のコラボ!タイトルから食いつき間違いなしの『うんこしりとり』

image
こちらは、全国の絵本屋さんに聞いた2014年絵本ランキングで第3位を受賞したほど人気の絵本。はじめと終わりに“こ”のつく言葉をつなげてお話が展開していきます。

(「こうしのうんこ」→「こがねむしのうんこ」→「こどものうんこ」など)

しかしこの絵本は、もっとシュールでユニークな「うんこ」たちも登場してきます(笑)

(「こめつぶのうんこ」→「コーヒーのうんこ」→「こうきゅうなうんこ」→「ことばをはなすうんこ」→さいごには「こいするうんこ」などなど……)

個人的には子どもに読み聞かせをしているなかで、動物や人でない「うんこ」が登場してきたあたりからツボにハマって、笑い出してしまいました。

しりとり遊びをすれば、楽しみながらも学習力がアップ!

親子でしりとり遊びをするなかで、お子さんにとっては初めて耳にする単語もたくさん出てくるはず!「それどんな意味?」と聞かれたらその単語の意味を説明してあげることで、新しい言語の獲得にもつながるかも。お子さんに「勉強しなさい!」と言うよりも、親子のコミュニケーションを図りながらも学習できる、一風変わった「しりとり遊び」、ぜひ試してみてください。

お子さんの“うんちブーム”に便乗しつつも、語彙力を広げ、親子で楽しく言葉を学べる絵本「うんこしりとり」。気になった方は、ぜひ一度手にとってみてくださいね!

文・赤石 みお

「うんこしりとり」※クリックでAmazonの商品ページへ

〜あらすじ〜

こいぬのうんこ→こどものうんこ→こうちょうのうんこ…エンドレスにつづく、うんこしりとり。さあ、みんなでやってみよう!(amazonより)

作:tupera tupera

出版:白泉社

関連記事

【ママと愉快な子どもたち】ママの「やめて」は届かない #4コマ母道場
【第8話】火に油 漫画・ユウコトリトリ 人前ではやめて……と思う子どもたちの失言集 「お願いだから、外で大きな声で言わないで!」と子どもに思うことはありませんか? 子どもたちに大人気...
楽しく踊って便秘解消!?お腹をググっと刺激できる『かんちゃんうんち体操』は2018年8月24日(金)より公開
ママが便秘になってしまったとき、お腹が張ったり食欲が落ちたりして辛い思いをしますよね。それは大人に限った話ではなく、子どもにも起こりうることです。子どもの便秘も放っておくと苦痛を伴ったり、だん...
3歳児の「うんち」連呼対策で発見。トイレトレーニングが人格形成を司る話
お食事中の方、ご容赦ください。 3歳児の我が家の娘の「うんち発言」が止まりません。 「うんちうんちー!」独りで連呼しては大爆笑です。「うんちぽーい!」お風呂場で洗髪中の私の頭上にも、容赦なくう...