recipe

クリスマスのご馳走レシピ!中から色々出てくるお米のケーキ!?

15

毎年クリスマスの料理がマンネリしてきた・・・そんな方におすすめなのがこちら!
イタリア、ナポリの“サルトウ”と呼ばれるお祝い料理です! 
リゾットを作り、その中に、ミートボール、ゆで卵、モッツアレッラを詰めて、
上からさらにリゾットで蓋をしてオーブンへ。
ケーキを作る型に入れて焼くので、お米のケーキみたいですよ☆
中に色々と詰めているので、食べる時も楽しい!
野菜や星型に抜いたパプリカなどでリース風に飾るとさらに可愛く豪華に見えます♪
今年は、家族が食べたことのない料理に挑戦されてみてはいかがでしょう?
イタリアへ料理修行に行かれた料理家さんのレシピですので、
味は本当に美味しく、本場の味が再現できちゃいますよ♪

材料   20cmのケーキ型

トマトソース、リゾット

セロリ
:1/2本(70g)
にんじん
:1/2本(70g)
たまねぎ
:1/2個(70g)
トマト缶
:1.5缶
乾燥ポルチーニ茸
:10g
生ハム
:2枚
豚ひき肉(塩、黒胡椒して一晩おいておく)
:100g
塩、胡椒
:適量
ブランデー
:50cc
:250g
:200cc
溶き卵
:1個
パルメジャーノチーズ
:40g

中に入れる小さなミートボール

豚ひき肉
:100g
牛乳
:40cc
パン粉
:14g
:小1/4
黒胡椒
:少々
ナツメグ
:少々
パルメジャーノチーズ
:15g
小麦粉
:適量

中に入れる具

モッツァレラチーズ
:70g
グリンピース(冷凍)
:70g
バター
:10g
ゆで卵
:1個

リース風の飾り

ルッコラ、アメーラトマト、パプリカ、ジャガイモ
:少々

下準備

豚ひき肉100gにあらかじめ塩1.8g、黒胡椒少々を混ぜて一晩置いておく。
乾燥ポルチーニ茸は、50ccのぬるま湯で30分ほどおき戻しておく。

作り方

1.<ミートソースを作る>フライパンにオリーブオイルを入れ、セロリ、にんじん、たまねぎを粗いみじん切りにしたものをよく炒め、生ハムの角切り、前日に塩、胡椒しておいた豚ひき肉、ぬるま湯で戻したポルチーニを3等分程度に切って加える。ブランデーを入れてアルコールを飛ばし、トマト缶、ポルチーニの戻し汁を入れて塩小さじ3/4、胡椒して10分煮る。出来上がったら1/3量をミートボール用に小なべに取り分けておく。
2.<リゾットを作る>残りの2/3のミートソースに、水200cc、お米を入れて中火で10分、底が焦げつかないようにたまに混ぜながら煮込む。かなりアルデンテな状態に煮て水分が飛んだら火を止め、とき卵、パルメジャーノチーズを混ぜ、冷ましておく。
19
17
3.<ミートボールを作る>ミートボール用の、小麦粉以外の材料を全て混ぜて1.5~2㎝に丸め、小麦粉をつけてさっと揚げ、1で取り分けておいたミートソース1/3に入れて3分煮る。
1
4.<型に詰めて焼く>型にバターを塗ってパン粉をふり、2のリゾットの2/3を入れて中央をくぼませる。
0
8
5.バター10gと一緒に鍋に入れて温めておいたグリンピース、1㎝角にしたモッツァレラチーズ、スライスしたゆで卵、3ミートボールを入れ、ミートボールを煮たソースを少し入れて残りのお米でフタをする。
18
11
6.上にパン粉をふり、バター20g(分量外)を散らして200度のオーブンで30分焼く。※熱い状態で型からはずすと崩れるので、粗熱がとれてからはずす。
12
13
7.<飾りつけ>焼きあがったら、上にクリスマスのリース風にマイクロトマト、ルッコラ、星型に抜いたパプリカなどでリース風に飾りつける。
14

レシピ監修:前澤 由希子
OL時代に各種料理学校へ通い調理師免許を取得。
結婚後、単身イタリアへ留学し料理を学ぶ。
帰国後、都内のトラットリアで修行し、船橋市の自宅で料理教室を開講する。
都内の企業ショールームや雑誌、TV等で料理を制作するほか、企業での講演等を行う。