life

たったの100円でキッチンの生ゴミ用ごみ箱のストレスが無くなりました!

40fd55e964c63fe4e3ccc7f8aeec0282_s

みなさんは、キッチンの生ゴミをどこに捨てていますか? 筆者は結婚してから最近までずっと、雑貨屋さんで購入したペダル式のゴミ箱を使ってきました。中にバケツが入っていて、いかにも生ゴミ用のゴミ箱のタイプのもの。デザインもかわいく、大きすぎないのもお気に入りの点ではありましたが、使いづらさを感じていたのも事実。どんな点が不満だっとかというと……。

ペダル式ゴミ箱の不満とは?

筆者は、中のバケツの部分にポリ袋をかけて使っていたものの、どうしてもゴミ箱の中が汚れるのです。漏れ出したイヤな臭いの汁に、フタにこびりつく汚れ……。しかも暖かい季節にはゴミ箱の外まで臭いが出やすく、ゴミ箱のそうじがとても大変でした。また、良くも悪くもフタがついているので、ゴミが捨てづらい! そこへ来て、子どもが成長して這い回るようになると、ゴミ箱に目がけて突進! 汚いゴミ箱を舐めてしまいそうで、床に置いておくこと自体、悩むようになりました。

100均で「レジ袋ホルダー」を購入…これが大正解!

そもそも、「ゴミ箱にポリ袋をかけるぐらいなら、そのまま直接ポリ袋に捨ててしまえばいいのでは?」と考えた筆者は、便利なアイデアグッズを求めて100均のセリアへ。そこで見つけたのが、この「レジ袋ホルダー」です。キッチンの収納扉にかけられ、ポリ袋が取れにくくなる工夫も施されています。

IMG_8100

しかも使うときは口が開きやすく、使わないときはたたんでおける構造。キャベツや白菜の大きな外葉も捨てやすく、シンクのすぐ横に設置しているので、汚れた食品の袋等もストレスなく捨てられるようになりました。しかもゴミ箱がなくなると、ゴミ箱のおそうじからも解放! いいことづくしです。

溜まりやすいポリ袋も効率的に消費

買い物に出かけるときはエコバッグを持っては行きますが、ときには忘れてしまう時も……。気づけばスーパーなどでもらうポリ袋が溜まってしまう一方です。そんなポリ袋を有効活用できるこの100均グッズはとても優秀。筆者の場合、朝に新しい袋を付けて、夕食の洗いものが終わった時点で口をしばって外にある大きな袋に捨てるようにしています。こうすることで、生ゴミの臭いもほとんど気にならなくなりました。

ただし、取っ手のないポリ袋が使用できないのが難点! そして、最近多い”うすーい”ポリ袋や、穴の空いてしまったポリ袋を知らずに設置してしまうと、悲劇が起こります……。ポリ袋をゴミ袋として使用の前に、よく確認することをオススメします。

筆者のように、「生ゴミが捨てづらい。」、「ゴミ箱のそうじが嫌だ!」、「子どもがゴミ箱を触りたがって困っている……。」というママは、ぜひ100均のポリ袋ホルダーを試してみてはいかがでしょうか?

文・凡人主婦の小金持ち生活 aki