life

夫婦のセックスレス すれ違いをおこさないために

mama112201

ママ友にはなかなか相談できない「セックスレスの問題」。実は多くのママさんが経験して悩んでいることでした。

ママスタのアンケートでも約半数の方がセックスレスの経験をしたことがあるとのこと。さらに経験された方の半数以上の方がセックスレスを解決したいとのことでした。セックスレスを解決したいと望んでいるママさんたちのリアルな声をご紹介します。

■夫婦としてやっていく!だからこそセックスは大切なコミュニケーション。

そもそもなぜ自分はセックスレスを解決したいのか? その理由には大人の女性として妻として母として、さまざまな気持ちが隠れています。

『お互い様、すれ違い。
一度なったら抜け出すのは大変そう。
女は母になると変わると言うけれど、気付いたときには自分ではなかなか戻れなくなってたりする。
女に戻るときはやっぱり愛されるとき。
母から女に戻せるのは夫だけ。
じゃなかったら浮気に走る気持ちは理解できなくない。
母になってもやっぱりいつまでも女は女でいたい、そう扱われたい』

『子供がほしい。
夫婦ではなく、波風立てない同居になってしまうから。
レスはやはり寂しい。
身体を重ねることはお互いの愛情の象徴であるように思っているし、女性として求められないのは悲しいから。
私もまだ女。これからも女。
時々愛情を確認し合うのが大切だと思うから。

『夫婦として、愛情表現のひとつだから。ないと、気持ちも離れていく。
このまま一生このままかと思うと悲しいから。
レスが長いほど、修復できない気がするから。
このままでは夫婦としてやっていけなくなると思う。
どんどん近付きたくない触りたくない存在になってきている。
でも、今更どうにも出来ない。』

『肌の触れ合いもなくなると、お互い気持ちも冷めてきて、嫌な部分しか見えなくなってきたから。
夫婦は肌と肌を重ねる事はとても大切な事だと思う。
抱きしめられたり、触れ合ったりする事で、愛されてるなっていうのを実感したりしてもらったり出来ると思っているから。
SEXした次の日は夫にも優しくなれている気がする。
することで私の夫への気持ちが優しくなる。男の人としてみられる。
2人目、3人目を希望していたから。』

mama112302

■レスが長いほど修復は難しい!?ママたちが心がけているポイントはココ!

男性も女性もお互いに対する心配りが薄れ、すれ違っていくにつれてレスになっていくように思えます。
レスのままでもうまく結婚生活を送っている方も数多くいらっしゃいますが、大半の方がレスになった期間が長ければ長いほど、お互いの気持ちが離れてしまうようです。
夜の営みアンケートに寄せられた、多くのママさんが「レスにならないため、レスを改善するために心がけ」をご紹介します!

自分自身の手入れ。
顔、髪、身体が衰えることは仕方のないこと。
しかし、綺麗でいようと思わなければ女子としてもったいない。
お金はかけない。無理もしない。
私の出来る範囲でやろう、と思うことが大事。
そして、会話と毎日1回以上のキス。
会話を多くする。デートや共通のものを見つける。』

レスであることが不安だと打ち明けて、定期的にしたいと言った。
妊娠中の旦那の浮気が原因で夫婦仲が悪くなり、私が常にイライラしていたので旦那が誘ってくることはなくなり、私が誘っても断られるようになった。
その後第1子の出産のとき、立会い出産したのが旦那にとってはダメージが強かったらしい。後産で胎盤が出てきたのを見て、その後1年くらいできなくなった。
今はレスは解決。
だんだん私も優しく出来るようになり、レスが心配だったので、それが不安だと話し合いもして、少しずつ歩み寄ると旦那も出来るようになった。』

『したいと思わなかった。期間が空きすぎてタイミングを逃した。
レスの最初のきっかけはお互いのスレ違いだと思う。体型もあるだろうし元々興味がないからってのもあるだろうけど、どっちかが嫌だったとしてもお互い歩み寄ることをしなければ、何も解決しないとは思う。

mama112303

『日頃からコミュニケーションを取ることは心がけています。妻、母だけでなく女でいることを忘れない。ケアを頑張る女性らしさ、はじらいを忘れない。
いつでもいいようにムダ毛の処理や、肌触りがいいようにクリームなどは欠かさない。あとは、身体のラインが出ない服装はしない。
お肌のお手入れや下着、お洋服にも気を配っている。』

子供達が眠った後に一緒にお茶をしたり、平日お休みが取れそうな時に休みを合わせてデートをしたり、2人の時間を大切にしています。
また性的会話も冗談を加えて楽しく話せるよう心がけています。
産後は子育てで必死。レスになるのも嫌だから女として身だしなみにも気をつけていた。
けれどもお互いに親としての時間が多く、男女として見れなくなっているのかも。でも性について日頃から話せる関係でないと、淡白なセックスになり面白みを感じなくなり次第にセックスレスになると思う。』

恋人同士の時とは違い、毎日毎日一緒に一つ屋根の下で暮らしている存在。女性は家事に育児に仕事に…男性は仕事に(家事も育児も…??)追われてしまい、パートナーとの会話やスキンシップ不足でもなんとなーく、なぁなぁのまま時が過ぎてしまうことも多いようです。一方で、女性だけに限らずお互いに、身だしなみや体のケアはとても大切ですよね。
まずは夫婦の何気ない会話やちょっとしたスキンシップでコミュニケーションを図りながら、少しずつでも歩み寄れたらいいですね。

 

文・武木 芽衣 イラスト・tohu(とうふう)

 

関連記事

レスになったら太った?本音炸裂ママたちのレス事情
付き合いが長くなると、夫婦関係がマンネリ化してくることも。「セックスレス」になってしまう夫婦も少なくありません。それでいいと思うママもいれば「女性として魅力がなくなったのかな?」と気にしているママもいるようです。そんな「レス」に悩むママたちの本音がママスタに寄せられていますのでご紹介します。
ラブラブ夫婦に学ぶ!「夜のお誘い」合図&断り方
人にはなかなか聞けない、夫婦の営み事情。今回はママスタセレクトで行った夫婦の営みアンケートの中から、ラブラブ夫婦の「夜のお誘い」方法や合図、断り方などをご紹介。夫と円満な関係を築けているというママによれば、普段から夫婦の関係を良くするためにお互いに気をつけていることが多いのだそうです。それではそれぞれのエピソードをご覧ください。
妻だけED!?夫から拒否されるレス妻の悲痛な叫び
「産後に旦那がエッチしてくれなくなった……」夫婦のセックスレス問題。夫から拒否された妻の悲痛な声