いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

<振り袖トラブル!?>娘と私で選んだ成人式の着物。柄が気に入らないという母をどう説得すればいい?

613_義父母(父母)_Ponko
成人式で着る着物選び、みなさんは誰の意見を重要視しますか? 日本の民族衣装でもある着物は、世代や性格などによって好みがかなりわかれるもののようです。今回ママスタコミュニティに寄せられたのは、娘さんが成人式で着る着物を選んだことからはじまったお悩みでした。

『先日、娘と一緒に振り袖の試着会へ行ったんです。いろいろ見て回り、娘に一番似合っている振り袖があったので、着付けてもらい写真を撮ってもらいました。その写真を母に見せると、「袖や前見頃にまで柄があってガチャガチャしてうるさい」と言われたのです。選んだ着物は、最近主流のデザインですし、しっかりとしたお店で選んでいます。娘にもよく似合っていたので、可愛いと言ってもらえると思ったのになぁ。どう説明したらわかってもらえるのでしょう』

好みや価値観のすり合わせは、同年代でも親子でもなかなか難しいものですよね。ましてや、祖母・母・娘と三世代ともなれば、流行り廃りも異なりますので、意見が食い違うことも仕方がないことでしょう。しかし投稿者さんは、今回選んだ着物を実母(以下・祖母)にも理解してもらいたいと考えているようです。どうすればいいのでしょう。

着物を着るのは誰?主役の気持ちを優先

『どれだけ説明をつくしても、理解してくれることはないと思う。娘さんと投稿者さんが気に入ったものを選べばいいと思う』

『親子でも好みが違うのに、さらに上の世代である祖母まで加わって、みんなが気に入る着物を見つけるなんてムリだよ。祖母が全額払うなら少しは意見してもいいと思うけど、主役である娘さんが最優先だよ!』

染み込んだ価値観や好みなどは、一筋縄では太刀打ちできないもの。それは祖父母世代の人に限らず、誰しもそうなのかもしれませんね。であれば、大切なのは成人式当日にその着物を着る主役・娘さんの気持ちファーストにしてもいいのではないでしょうか。

誰が費用を出すかで対応は変わる?

投稿者さんが「気に入らないのであれば一緒に見に行こう」と誘っても、祖母は「一緒に行くと口を出してしまうし、口を出すとお金を出さないといけないのでイヤ」と言うそうです。ここまで言われてしまうと、投稿者さんや娘さんは困ってしまいますよね。

『わかってもらう必要なんてないよ。投稿者さんはきちんと説明をしているんだし、祖母にお金を出して貰うわけでもないんでしょ?』

主役は当日成人式に参加する娘さんですが、祖母にお金を出してもらうとなれば、スポンサーの意向をある程度汲み取る必要も出てくるかもしれません。しかし今回、祖母はノータッチなわけですから、完全なまでに理解してもらわなくてもいいのではとママたちは考えているようです。

ママたちからのアドバイス

『多分、帯はシンプルなのを合わせてあると思う。だから柄ががちゃがちゃしているように見えても、帯やファーとかの小物でバランスが取れるんだと説明する。それでもだめなら「本人が気に入っている」で終わらせる』

『「そうね~、流行ってよくわかんないよね~」と軽く同意して流す。わかってもらう必要もないしね。スポンサーでもないみたいだし』

前向きに説明する声と、とりあえずその場を納める声、皆さんならどちらを選びますか? 祖母や投稿者さんの性格に応じて、どちらの説得方法を選んでもよさそうです。

両者の意見をうまく取り入れる方法とは?

『成人式のときには娘さんの選んだ着物を着て、写真撮りのときは祖母の好みに合わせた着物を着る……みたいに、2つくらいパターンを考えるのはどう? お互いの意見の間を取れるようにすれば、祖母の意見も尊重しつつ、投稿者さんやお子さんの願望も叶えられるのかなと思った』

予算はかかってしまうかもしれませんが、両者の意見をうまく取り入れたアイデアですね! 2パターン用意することで娘さんと祖母、ふたりともの希望を同時に叶えられるので、トラブルになることを避けられる可能性が出てきました。予算や状況に応じて検討してみてもよさそうです。

まずは主役である娘さんの気持ちを確認しよう!

どうしても理解してもらいたいと思うのであれば、最終手段は「お金を出さなくていい・口を出してもいいから一緒に選びに行くこと」という案でしょうか。しかし「そこまではできない」、もしくは「したくない」と考えるのであれば、祖母の言葉はひとまず軽く受け流し、娘さんの気持ちを確かめてください。

またもうひとつ大事なのは、娘さん自身が祖母の意見をどのように受け止めているのかということ。祖母の意見を取り入れて選び直してもいいと思っているのか、自分で選んだ着物を着たいのか。娘さんの考え次第で、次の一手は変わってくるのかもしれません。娘さんの気持ちを確認し、祖母へはどのように対応するかを親子で話し合ってみるとよさそうですね。

文・櫻宮ヨウ 編集・荻野実紀子 イラスト・Ponko

【つぎ】の記事:<図々しい義姉>信じられない!怪我をした母に甥っ子を預けるなんて「おおげさですよ」【前編まんが】

櫻宮ヨウの記事一覧ページ

関連記事

成人式のときの振袖、とってある?着まわす際に気をつけることは?
1月の第2月曜日は成人の日ですね。 この日には、20歳を迎えた青年の新たな門出を祝福するために成人式が行われる自治体も多いことでしょう。そんな晴れの日に、未婚女性の第一礼装とされている「振袖...
「成人式」が18歳に!?2022年施行の民法改正に対するママたちから戸惑いの声とは
民法改正により、成人年齢を20歳から18歳に引き下げることがきまりました。施行されるのは2022年4月1日から。民法改正でママたちが気になっているのが「成人式はいつやるか」という問題。2022年に19...
娘の成人式に義母がアラフォー未婚の義姉の振袖を勧める。角が立たない断り方は?
服装に髪型、アクセサリー。娘を持つママさんの、楽しい悩みは尽きないもの。その中のひとつに、「晴れの日にどんな晴れ着を着せるか」というものがあるのではないでしょうか。自分が来たものを着せたり、気に入った...
参考トピ (by ママスタコミュニティ
成人式の振り袖 祖母との価値観の違い