いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

manga

<何故?帰省をかぶせるのイヤ>「のんびりするため」夫の意見「嫌がられるよ」ズバッ【第4話まんが】

前回からの続き。姉(カリン)の子どもの方が私(ミソノ)の子どもよりも小さいため、わが子は実家に帰省しても我慢してばかり。その姿がとても不憫で、あえてカリンたちと帰省をずらしたいと思っていました。母にカリンに配慮してもらうよう言ってもらったのですが、カリンはとても気が強く「日程はずらせない」と取り合ってくれませんでした。
まんが-1

【4話】帰省2

【4話】帰省3
あのとき夫の言うことをきちんと聞いていたら……。
母の様子をきちんと見て、助けてあげていたら……。
交通も便利になって、昔ほど実家に帰るのに時間もかからなくなりましたが、子どもたちも大きくなって、私の実家に帰りたいとは言わなくなりました。
母のことが大好きで、私と子どもを見てほしいと思っていたけれど、それなら私も、母がラクになるように、母のためになるようなことをしなければいけなかったのですね。今たまに帰るときは、母の負担にならないように、ホテルをとったり、母に苦労を掛けないように、最善の行動をしています。
何事もすべてが自分の思い通りになるわけではありません。母に気にかけてほしかったら、自分も母を気にかけないといけなかった。もう遅いかもしれないけれど、これからは「自分が、自分が」ではなく母のために何かをしてあげたいと思っています。

原案・ママスタコミュニティ 脚本・物江窓香 作画・チル 編集・横内みか
【つぎ】の記事:<お金がナイ!>「子ども可哀想〜」「愛情不足になるよ〜」義姉と義母がウルサイ……!【前編まんが】

※この漫画はママスタコミュニティに寄せられた体験談やご意見を元に作成しています。

関連記事

<両親へのお金は?>親の口癖「お金ない」親孝行したい妹。親と相性の悪い姉。差額は【第1話まんが】
これは最近のお話です。私は第1子を妊娠中のコハルです。私は3きょうだいの末っ子で、8才年上の姉(アユミ)と、3才年上の兄(サトル)がいます。それぞれ結婚をした今も、よくメッセージなどで連絡を取り合って...
<何故?帰省をかぶせるのイヤ>たまには譲ってくれないの?「うちの子いつもガマン」【第1話まんが】
私(ミソノ)たち家族は都内に住んでいます。 息子のタクト(小4)、娘のユキ(小2)、夫の4人家族です。 私の実の姉(カリン)が帰省をわが家と必ずかぶせてくるのが嫌なのです。本人たちは良かれと思...
<親子の縁を切る>母に嫌われる私。里帰りも拒否……なぜ?突然の手紙は【第1話まんが:娘の気持ち】
私の名前はサエコ。40代後半のパート主婦です。会社員の夫・シュウジと、大学生のひとり娘・アヤナとの3人暮らしです。私の実家は車で10分ほどのところにあります。4年前に父が亡くなり、実家では今75歳の母...