いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

manga

<言われた経験ある?>夫のホンネは「給料はすべて俺のもの」【中編まんが】#ダメパパ図鑑102人目

前回からの続き。夫婦で話し合い、現在は専業主婦として家事・育児を担う私は、何かものを買うたびに、夫に「お伺い」をたてて「お願い」をしなくてはいけないのが気になっていました。もちろん家計の中から買うので相談は必要なのですが、夫本人は私に何も言わずに好き勝手に買い物をします。そんなとき、「人の金だと思って」と、夫の本音を聞いてしまい……?
【中編】人の金1
夫は慌ててレジを済ませている様子ですが、怒りは収まりません。あんな奴、2度と口も利きたくない……そんな気持ちで家路を急ぎます。
私が早足で歩いていると、後ろから夫が慌てた様子で走ってきました。
ただひたすら夫を無視しながら通り越し、スタスタと家に向かいました。

【中編】人の金2
私は鬼の形相で思わず振り返ってしまいました。

【中編】人の金3
言い返したい言葉はたくさんありましたが、きっとこの人は私が怒っている原因が何なのかまったく分かっていないんだろうな……そう思いました。恐らく私が「ペットボトルを買ってもらえなかった」から怒っている……くらいに思っているのでしょう。
今この人に何を話しても無駄だ。そう思った私は何も言わずに、再び歩きはじめました。
私は夫に徹底的に反省をしてもらいたい。そう思いました。
確かに外で働いてお金を稼ぐことは大変なことです。それを重々承知の上で、私はいつも夫に「感謝」を示してきました。それなのに彼は「私が私のものを買う」ことにいつも難色を示すのです。それは「自分の金は自分のもの」という考えが根本にあるから……。彼の本音が見えて良かった。これからも夫婦を続けていくのであれば、「家計」という意味を1度しっかり理解してもらわないと……そう思いました。

【後編】へ続く。
原案・ママスタコミュニティ 脚本・渡辺多絵 作画・チル 編集・横内みか

※この漫画はママスタコミュニティに寄せられた体験談やご意見を元に作成しています。

チルの記事一覧ページ

関連記事

<言われた経験ある?>「家庭」回すための夫婦の役割を再確認【後編まんが】#ダメパパ図鑑102人目
前回からの続き。夫の根底にある「自分で稼いだ金は自分のもの」という考えに触れることができた私。妻にいかに失礼なことを言っているのか、「家計」というものがどういう意味なのか。しっかりと夫に分かってもらう...
<言われた経験ある?>夫「人の金だと思って」自分は好き放題【前編まんが】#ダメパパ図鑑102人目
最近のお話です。私は現在、専業主婦をしています。もともと正社員で働いていましたが、子どもの体調不良のお迎えや、家事、育児に関して、夫は一切ノータッチでした。さすがにすべてをひとりで背負い込むには負担が...
<専業主婦を馬鹿にする家族>気づけば家庭内別居状態!……虚しい【第1話まんが:妻の気持ち】
数年前の話。わが家は私と夫、そして娘の3人家族です。 夫は食卓にお惣菜が並ぶのをイヤがりますが、利用するのは多くても週に2回くらいです。専業主婦とはいえ体調が悪かったり、食事の支度が億劫になると...