いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

manga

<遠慮するって謙虚?無礼?>「本当にいらないから!」気づく価値観の違い……【中編まんが:夫目線】

前回からの続き。両親を新居に招いた際、持ってきてくれたお土産。妻のユララは、まずは遠慮するのがマナーだと考えたようで「お気遣いはいりません。半分持って帰りますか?」と母に聞いていた。そのやりとりを見た俺は、ユララの対応を「感じが悪い」と思ったのだ。そういえば初めてユララの家にお邪魔したときは……。
まんが

修正_お土産をいただいたときに_2話_2_わたなべこ
お義母さんに渡したお土産をしっかり持ち帰ってきたユララ。俺の渡したお土産を、お義母さんは迷惑だと感じたのだろうか。

お土産をいただいたときに_2話_3_わたなべこ
ユララのお母さんもユララも、お土産をもらったら、ひとことめに「いらない」という。喜んでくれるかなと買いに行った時間や気持ちがないがしろにされたようで、俺はとても悲しかった。俺の両親だって、わざわざお土産を買ってきてくれたのに、それを断るユララを見ていると……ただ良かれと思ってやっているユララにどう言えば伝わるのだろうか。

【後編】へ続く。
原案・ママスタコミュニティ 脚本・物江窓香 作画・わたなべこ 編集・Natsu

※この漫画はママスタコミュニティに寄せられた体験談やご意見を元に作成しています。

わたなべこの記事一覧ページ

関連記事

<遠慮するって謙虚?無礼?>遠慮は美徳!?夫とのやりとりで知った新しい視点【後編まんが:妻目線】
前回からの続き。義両親を新居に招いた際、持ってきてくれたお土産。まずは遠慮するのがマナーだと考え「お気遣いはいりません。半分持って帰りますか?」と義母に聞きました。すると、やりとりを見ていた夫が、私に...
<遠慮するって謙虚?無礼?>「お気遣いなく」私の行動は悪?義実家への訪問がきっかけ【前編まんが】
始まりは夫の言葉 私(ユララ)たち夫婦は結婚2年目。念願の一軒家を建てたので、お披露目のために義両親をわが家に招待しました。義両親が帰宅したあとのこと……。 義両親がわが家に来てすぐ、義母と私...
<40代独身の義姉お願い>「赤ちゃんの名前つけたい」3人目の命名……譲れません〜!【前編まんが】
みなさんのお子さんの名前は、誰がどのような理由で決めましたか? 夫婦で考えた方もいれば、恩人の名前をとったという人、幸せになれるように占いをしたという人。子どもの名前への考え方は、ご家庭によって異なる...