いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

<愛してるけど……>妻は女性じゃなく家族【セイ欲のヨワい夫とツヨい妻】<第14話>#4コマ母道場

前回からの続き。夫婦の営みは愛ある証なのでしょうか。それとも夫婦間の愛とセックスはまったくの別もの? セックスに求めるものが夫婦で同じならいいのかもしれませんが、どちらかの性欲が強すぎたら……どちらかが淡泊だったら……みなさんはどうしますか? 今回は旦那さんが淡白で、愛を感じたいという女性のお話です。

第14話 妻を愛してる

14話1
14話2
14話3
14話4
【編集部コメント】
ツバサさんのなかでユミさんは「女性」である以上に、「家族」へと変化していたようです。妻となり、母となり、年齢を経ていくユミさんの、ありのままを愛しているからこそです。「努力してみる」ツバサさんさんはユミさんを女性として見る気持ちに戻ることはできるのでしょうか。パートナーに寄り添う気持ちは素敵ですね。

【第15話】へ続く。
原案・ママスタコミュニティ 脚本・物江窓香 作画・マメ美 編集・Natsu

【セイ欲のヨワい夫とツヨい妻】バナー

1話から読む
※この漫画はママスタコミュニティに寄せられた体験談やご意見を元に作成しています。

関連記事

<男女に戻る努力>夫と、2人きりのデート【セイ欲のヨワい夫とツヨい妻】<第15話>#4コマ母道場
前回からの続き。夫婦の営みは愛ある証なのでしょうか。それとも夫婦間の愛とセックスはまったくの別もの? セックスに求めるものが夫婦で同じならいいのかもしれませんが、どちらかの性欲が強すぎたら……どちらか...
<レス歴14年>「求められたい!」強い思い【セイ欲のヨワい夫とツヨい妻】<第1話>#4コマ母道場
夫婦の営みは愛ある証なのでしょうか。それとも夫婦間の愛とセックスはまったくの別もの? セックスに求めるものが夫婦で同じならいいのかもしれませんが、どちらかの性欲が強すぎたら……どちらかが淡泊だったら…...
【前編】「2人目は?」「一人は可哀想」無意識に傷つけたママ友に謝りたい。でも答えは出ていた
私(チカコ)には、上の子が赤ちゃんの頃に子育て支援センターで出会ったリホちゃんというママ友がいます。 きっと子どもがいなくても知り合っていたら仲良くなっていただろうな~。私にとってリホち...