いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

<夫の本音>妻の変化「なんかちがう……」【セイ欲のヨワい夫とツヨい妻】<第12話>#4コマ母道場

前回からの続き。夫婦の営みは愛ある証なのでしょうか。それとも夫婦間の愛とセックスはまったくの別もの? セックスに求めるものが夫婦で同じならいいのかもしれませんが、どちらかの性欲が強すぎたら……どちらかが淡泊だったら……みなさんはどうしますか? 今回は旦那さんが淡白で、愛を感じたいという女性のお話です。

第12話 俺の脳内

12話1
12話2
12話3
12話4
【編集部コメント】
ユミさんを家族として愛しているというツバサさん。けれどツバサさんの中では「愛している=セックスがしたい」ではないようです。そばにいて、協力をして、笑いあう、そんな家族としての愛を求めているようです。夫婦の考え方の違いは、ときに残酷ですね……。

【第13話】へ続く。
原案・ママスタコミュニティ 脚本・物江窓香 作画・マメ美 編集・Natsu

【セイ欲のヨワい夫とツヨい妻】バナー

1話から読む
※この漫画はママスタコミュニティに寄せられた体験談やご意見を元に作成しています。

関連記事

<女性用お店を検討?>妻の悩みに気づいた【セイ欲のヨワい夫とツヨい妻】<第13話>#4コマ母道場
前回からの続き。夫婦の営みは愛ある証なのでしょうか。それとも夫婦間の愛とセックスはまったくの別もの? セックスに求めるものが夫婦で同じならいいのかもしれませんが、どちらかの性欲が強すぎたら……どちらか...
<レス歴14年>「求められたい!」強い思い【セイ欲のヨワい夫とツヨい妻】<第1話>#4コマ母道場
夫婦の営みは愛ある証なのでしょうか。それとも夫婦間の愛とセックスはまったくの別もの? セックスに求めるものが夫婦で同じならいいのかもしれませんが、どちらかの性欲が強すぎたら……どちらかが淡泊だったら…...
<産まない選択>「子どもは作らない」産むことが正しい世の中が生きづらい……【前編】
「少子化」 ――今は、1人の女性が生涯に産む子どもの数が年々減少傾向にあるそうです。 学生時代からの友人たちは、結婚をして子どもを授かっている子たちがほとんど。中には妊活中という子もいて、友人同士...