いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

manga

<弁当女はアリ?ナシ?>愛情たっぷりのお弁当は旦那への厚意?相手のSNSを発見!【第3話まんが】

前回からの続き。仕事から帰宅した旦那の鞄の中から、見覚えのないお弁当箱が出てきました。最近旦那の部署へ異動してきた23歳の女の子が旦那に好意を抱いているらしく、手作り弁当を渡してきたそうなのです。
まんが-1
まんざらでもない様子の旦那に苛立つ私は、旦那にお弁当を断るよう伝えました。また今後二度とお弁当を作らないよう、洗ったお弁当箱の中に、手紙と謝礼金を入れておいたのでした。
3_1

3_2

3_3このアカウントが「弁当女」で間違いないでしょう。彼女が一生懸命に作った弁当を喜んで受け取り、食べる旦那の様子を想像すると嫌悪感でいっぱいになりました。それにしても弁当女、いったいどういうつもりなのでしょう。

【第4話】へ続く。
原案・ママスタコミュニティ 脚本・吉岡可奈 作画・むらみ 編集・Natsu

※この漫画はママスタコミュニティに寄せられた体験談やご意見を元に作成しています。

むらみの記事一覧ページ

関連記事

<弁当女はアリ?ナシ?>相手は20代女性。SNSのハッシュタグ。妻への宣戦布告?【第4話まんが】
前回からの続き。最近旦那の部署へ異動してきた23歳の女の子が、旦那に手作り弁当を作ってくるのだそう。まんざらでもない様子の旦那に「二度と受け取らないよう」注意をした私。弁当女に対しては「今後二度とお弁...
<弁当女はアリ?ナシ?>旦那に弁当を作ってくる20代女性「昼代浮いてラッキー!」【第1話まんが】
私サオリは、会社の同期だった旦那マサユキと数年前に結婚をしました。入社をしたときのマサユキの第一印象は「ちょっとニガテなタイプ」。まさかお付き合いに発展し、結婚までするとは誰も予想していなかったことで...
<風俗は許せる?>【前編】「男の人はみんな行く」妊娠中に浮気された私に友人が言った一言……
見てみると……「株式会社〇×△」という会社から1万5千円が引き落とされています。普段あまり物欲のない旦那なので、何を買ったのか疑問がわき……。別の月でも同じく「株式会社〇×△」から1万5千円が引き...