いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

manga

<あれ?デリカシーが……ない?>義母から「男を産め」攻撃!不妊治療をしてた義姉が【第3話まんが】

前回からの続き。義母は、「女性は結婚すべき」「結婚したら出産するべき」「一人は男の子を必ず産むべき」といったことを平気で言えてしまう人です。私が妊娠すると、義母は自分の経験から経膣分娩を強要してきました。さらにお腹の子が女の子だと知ると、あからさまにガッカリした態度。怒った私はしばらく義実家と疎遠に。夫が娘の出産報告をすると、義父にまで「下から産めたか?」と言われて唖然とします。時が経ち、娘が2歳になった頃、驚くべき光景に出くわしてしまいます。
03_01_01

娘が産まれると、また義両親と以前のように交流が戻ってしまいました。「女の子か」と残念がっていた義両親でしたが、初孫はやはりかわいいのか、娘のことを大切にしてくれています。しかし次第に、「男の子を産め」攻撃がはじまります。ある日、義両親と義兄家族で食事をしていたとき、義母が娘に耳打ちをしていました。おそらく義兄にも、義母の発言は聞こえていたでしょう。当時義兄夫婦は不妊治療をしていました。義兄にだってその発言にはきっと思うところがあったはず。それなのに何も言わない義兄にガッカリしました。結局娘は何のことかわからず、トイレから戻ってきた夫の前でモジモジするだけでした……。
03_02_0304

その年義姉は不妊治療の末に妊娠し、無事男の子を出産します。義両親にとっては念願の男の子の孫です。
03_03_03
義母が喜ぶ横で、無表情の義姉。勇気をだして「私たち、なにかと気苦労が多いですよね(苦笑)」と話しかけましたが、義姉は「うん……」と答えるだけ。まるで、「この家に関わる人間には誰一人心を開かない」と決めているかのようでした。

【第4話】へ続く。
原案・編集部 脚本・rollingdell 作画・よし田 編集・荻野実紀子

※この漫画は体験者本人のご協力の元作成しています。

よし田の記事一覧ページ

関連記事

<あれ?デリカシーが……ない?>私の弟夫婦の家族計画にまで口を出す!心底、嫌……【第4話まんが】
前回からの続き。義母は、「女性は結婚すべき」「結婚したら出産するべき」「一人は男の子を必ず産むべき」といったことを平気で言えてしまう人です。お腹の子が女の子だとわかったときには、あからさまにガッカリさ...
<あれ?デリカシーが……ない?>自分の価値観を押し付ける義母。違和感にモヤっ……【第1話まんが】
義母は古風な考えの人。……といえば聞こえがいいのかもしれませんが、ひと昔まえにありがちな価値観に縛られた人です。それは今から10年前、結婚前の挨拶をひかえた頃のこと……。 この義母とうまくや...
<嫁姑問題>もう嫁いびりはさせない「いい嫁キャンペーン」を終えた私!反撃決意【前編まんが】
数年前の話です。結婚をする前は「姑VS嫁」の特集記事をネットで見かけたり、友人たちから話を聞いたりしても「イマドキそんなことをする人がいるんだ」くらいに、どこか他人ごとでした。……まさか結婚後に、リア...