いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

manga

<危険!?シニアの運転>「車を奪う」は「生活を奪う?」家族として悩む……お金はムリ【中編まんが】

前回からの続き。最近の話です。70歳になる祖母が、自宅の敷地内で運転を誤って車のドアガラスを割ってしまいました。前から祖母に「そろそろ運転をやめてほしい」と訴えていた母は、この事故をきっかけに運転をやめさせるつもりです。でも祖母は、お出かけや友人たちと会うことが大好き。しかも車は祖母が自分のお金で買ったもの。祖母とカーシェアリングさせてもらっている母の言うことを、祖母が素直に聞くとは思えません。さらに、私にはもうひとつ心配がありました。感染症拡大の影響で緊急事態宣言が出された頃、祖母も友人たちと会うことができず、通院も制限され、自宅に籠っていました。そのときの様子が脳裏から離れないのです。
高齢の祖母が運転_出力_004
感染症が少し収まってきたころ、待ちかねていた祖母はマスク姿で意気揚々とお出かけするようになりました。ここで運転を取り上げて、お出かけの機会を奪ってしまったら、またあんな魂の抜けたような姿になってしまうのでは……もしかして認知症とか……。私は悶々と悩んでしまいました。事故があった後、しばらく祖母は運転を控えていたようです。しかし……

高齢の祖母が運転_出力_005

高齢の祖母が運転_出力_006実は、母も夫を亡くしているシングル。生活にそんなに余裕があるわけでもありません。それから私は、なるべくまめに祖母の家に遊びに行くようにしました。これからゆっくり説得できればと思います。

後編へ続く。
脚本・千永美 作画・べるこ 編集・秋澄乃

※この漫画は体験者本人のご協力の元作成しています。

べるこの記事一覧ページ

関連記事

<危険!?シニアの運転>「心配なの!」家族みんなで必死の説得。段階的に、免許返納へ【後編まんが】
前回からの続き。最近の話です。70歳になる祖母が、自宅の敷地内で運転を誤って車のドアガラスを割ってしまいました。前から祖母に「そろそろ運転をやめてほしい」と訴えていた母は、この事故をきっかけに運転をや...
<危険!?シニアの運転>もうすぐ70歳。まだまだ元気だけど……運転をやめてほしい!【前編まんが】
3年前の話です。私と母、祖母は同じ市内に住んでいます。特に母と祖母は、いわゆる「スープの冷めない距離」。祖父は早くに亡くなっていますが、元・小学校教師の祖母はまだまだ元気で、たくさんの友人と毎日楽しく...
<実母が義妹を傷つけた?>産後ボロボロ……義父「里帰りが長い」義妹「甘えすぎ!」【第1話まんが】
これは数年前の話です。私の名前はミサキ(34歳)です。2週間前に第一子リンカを出産しました。夫のエイジと暮らしているのは、義実家から5分ほどの賃貸マンションです。しかし現在出産して病院から退院後、私だ...