いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

<娘を捨てたママ>パパと母がいる家へ「ありがとう、もう会わない!」【第14話まんが:娘の気持ち】

前回からの続き。私(サラ)はかつてママが幼い私を置いて家を出た話を聞いた。そしてママの家にきてから、ずっとあった「違和感」に気づくことができたのだった。もうこれ以上、ここは私のいるべき場所じゃない。そう思って荷物をまとめることにした。
14話1旦那の前妻の子ども_出力_040

14話2旦那の前妻の子ども_出力_041

14話3旦那の前妻の子ども_出力_042
2人が「いつも通り」にしてくれることが、何よりの優しさだって今の私には分かる。きっと今までの私だったら、気がつかなかっただろう。ママと会って実感することができた。私の中身はパパとお母さんでできている。そのことに気がつけて、本当によかった。ありがとう、ママ、どうかお元気で――。

【第15話】へ続く。
原案・ママスタコミュニティ 脚本・渡辺多絵 作画・まゆか! 編集・木村亜希

※この漫画はママスタコミュニティに寄せられた体験談やご意見を元に作成しています。

まゆか!の記事一覧ページ

関連記事

<娘を捨てたママ>家族のかたち「私をお母さんにしてくれたのは、娘」【第15話まんが:母の気持ち】
前回からの続き。1日で産みの母親(ナナミさん)の家を後にした娘(サラ)。彼女なりにいろいろ思うところがあったようです。どんなことがあったにせよ、私たちはいつでもサラを迎えるつもりでいたし、サラが私たち...
<娘を捨てたママ>2歳娘を育児放棄「ママいない理由は一生言わない」【第1話まんが:パパの気持ち】
元妻(ナナミ)とは喧嘩が絶えなかった。揉める原因は主に金と交友関係のことだ。元妻は金遣いが荒く、しかも男女問わず交友関係も幅広かった。娘(サラ)が生まれてからは、育児で思うように動けないストレスも...
<父がいない18年>不倫の末、離婚した両親。突然の連絡……「悲しみ」より「驚き」【第1話まんが】
幼いころの私は、喧嘩をする両親の怒鳴り合いの声を布団の中で聞いていた記憶があります。 私と母がマンションに残り、父が出て行くことに。最後に父に会ったのは、マンションを出て行く日でした。別...