いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

<お下がりクレクレママ>「困ってる人を助けたい」私と面識ないのに【第1話まんが:アオイの気持ち】

先日、かつて私(アオイ)の同級生だった結衣さんから珍しく連絡がありました。大人になってから個人的に遊んだことはほぼなく、ただ子ども同士の年齢が同じなため会えば立ち話をしていた程度の仲です。
01_01_03

わが家の息子は中学校を卒業したばかりで、現在高校生です。そこから部活についていろいろと聞かれました。

コミック001_002

息子が使っていた野球用品は息子自身も思い入れがあるようで、ユニフォームは部屋に飾っているし、私にとっては面識のない人に気軽にあげられるような品ではありません。

01_03_04
息子にとって思い入れがあるものだしお断りしましたが「急ぎだし、本当に困っているから気が変わったらいつでも教えて!」と言われました。息子に聞くまでもなく私の答えは「譲らない」一択ですが、ここまで言われると「困っていると言われたのに断った私が悪いのかな……」なんて思ってしまいます。

【第2話】へ続く。

原案・ママスタコミュニティ 脚本・物江窓香 作画・ちょもす 編集・横内みか

※この漫画はママスタコミュニティに寄せられた体験談やご意見を元に作成しています。

ちょもすの記事一覧ページ

関連記事

<お下がりクレクレママ>勝手なママ友の親切心が迷惑「断るのも一苦労」【第2話まんが:杏の気持ち】
前回からの続き。学生時代の同級生だった結衣さんから面識のない杏さんに子どもが中学生時代に使っていた野球部の道具を譲ってほしいと打診されたアオイさん。断ってもしつこい結衣さんにモヤモヤが残ってしまったよ...
<怒らない育児の問題>初めてのママ友「うちの育児方針を知っておいてほしいの……」【第1話まんが】
私は優子。20代後半です。娘のさゆが2歳になったころにマンションを購入し、引っ越しをしました。それが半年前です。 引っ越しをしてすぐ、マンションの敷地内にあるちょっとした公園でさゆを遊ばせている...
<ママ友は旦那の元カノ>私だけ知らなかった、歪んだ関係――出会いと希望【第1話まんが】
10年くらい前のお話です。私は5年ほど付き合った旦那と結婚をし、旦那の地元に新居を構えました。旦那はとても子煩悩で、家族のために懸命に仕事を頑張ってくれています。しかし私は旦那の地元で育児をすることに...