いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

<不妊治療中の失言>取り消せない言葉「絶対絶対、結婚しなかった!」振り返ると……【第3話まんが】

前回からの続き。これは最近のエピソードです。夫ツトムの精子に問題があることがわかり、不妊治療をすることになった私たち夫婦。何度やってもうまくいかない治療に焦りを募らせ、私は心の中で「ツトムのせいで」とツトムを責めるようになりました。
3-1

修正3-2
ツトムはツトムできっと辛かったと思うけれど、当時の私にはそこまで彼の気持ちをおもんぱかれるほどの余裕はありませんでした。そんなとき、あの出来事がおこるのです。それはパートから帰宅して、私が唯一不妊治療のことを話せる古くからの友人と電話をしていたときのことでした。

修正3-3
ガチャとドアの開く音が聴こえ、振り向くと仕事から早く帰ってきたツトムが立っていました。友人と他愛のない話をすることで救われていたところも多かったあのとき。私自身も、もう限界だったんだと思います。思わず言ってしまったあの言葉は、もう取り消すことはできませんでした。

【第4話】へ続く。
原案・ママスタコミュニティ 脚本・渡辺多絵 作画・りますけ 編集・荻野実紀子

※この漫画はママスタコミュニティに寄せられた体験談やご意見を元に作成しています。

りますけの記事一覧ページ

関連記事

<不妊治療中の失言>治療に耐える妻をサポートしてきたけど……俺の限界【第4話まんが:夫の気持ち】
前回からの続き。これは最近のエピソード。結婚後、なかなか子どもを授かれなかった俺たち夫婦は不妊治療をすることにした。結婚当初から妻のアキナが子どもを切望していたのは知っていたし、俺も子どもが欲しかった...
<不妊治療中の失言>夫が本当しつこい!3年前の一言をいまだに引きあいに出され……【第1話まんが】
これは最近のエピソードです。私たち夫婦には、2歳の娘ミライがいます。長い不妊治療の末に授かった待望のわが子――。はじめて産院でミライを抱いたときの感動は今でも覚えています。ずっと、ずっと会いたかった私...
<介護は嫁の務め?>「長男嫁の仕事」認知症義母の介護を一人で!?【第1話まんが:長男嫁の気持ち】
これは3年前のお話です。私は義両親と同じ町内で近距離に暮らしている主婦。小学生の子どもが二人います。パートで働きながら家事、育児、たまに義実家へ顔を出しに行っていたある日のこと――。 ある日...