いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

fashion

<ヘアスタイルが決まらない!>自分の髪質、好き?嫌い?欠点だらけの髪質も考え方次第で美点になる?

0おすすめ210_ファッション_善哉あん
雨が降ると髪の毛がうねりやすくなりませんか? 湿度が高いのにパサパサになって広がってしまうこともあり、思わずため息をつきたくなってしまいますよね。自分の髪質に適する髪型であればセットに費やす時間も多少は省けるかもしれません。しかし理想と現実が合致しないとなかなか思うようには仕上がらず、ときにはブルーな気持ちを引きずってしまうこともありそうです。
みなさんは自分の髪質に満足していますか? 投稿者さんはほかのママたちの髪質が気になるようです。

『自分の髪質って好きですか? その理由と、あなたの髪質と髪型も教えてください』

約6割のママたちが自分の髪質に不満を持っている結果となりました。「好き」の声からご紹介します。

自分の髪質、好きです!ストレートも癖毛も愛すべき個性

『クルンクルンの癖毛。パリで修行した美容師さんに「パリジェンヌみたいな毛質」と言われたよ』

『髪はよくほめられる。髪質は細めのサラサラストレート、髪型は腰までのストレートロングです』

『色素薄めで細くて柔らかい。クセがあるけど指で適当にくるくるしながら乾かすといい感じのゆる巻きセミロングになる。やりすぎると縦ロールになるけど(笑)。ヘアアイロン要らず』

ヘアアレンジがしやすい、艶がある、手触りがいいなど「満足している」と寄せられたなかで、とくに目立った声が二つありました。それはお手入れが楽であることと他人から髪質をほめられた経験があることで、とくに美容師さんのようなプロから高評価を受けると嬉しいですよね。出勤やお出かけ前は何かと慌ただしいのであまり手間をかけなくてすむのもありがたいですし、思いどおりにスタイリングできると気分も上がりそうです。

自分の髪質、嫌いです。ずっと悩まされてきたから……

「嫌い」と答えたママたちはどのようなことが不満なのでしょうか?

ストレートヘアの悩み

『太い、かたい、多い、大嫌い』

『かたくて直毛で量も多い。パーマをかけてもすぐとれる。三つ編みすると、まるでしめ縄。まとまらなくてアレンジもできないから、いつもショートカット。柔らかい「猫っ毛」に憧れる』

『ストレートで髪を結ぶとゴムが抜けるんだよ……。軽くゴムで結んだらなんかフワッとなる柔らかい毛、かわいい! 憧れる!』

髪の毛がかたいうえに量が多いため「アレンジがしにくい」と嘆く声が目立ちました。ストレートへアはパーマをかけたり巻いたりするなど汎用性が高そうですが、髪がしっかりしすぎてウェーブがつきにくいため結局いつも同じ髪型にならざるを得ない人もいるようです。なかには髪を結ぶとゴムがスルッと落ちてしまったり、三つ編みをすれば髪の毛の太さと量の多さが強調されたりするとのコメントもありました。一方で、気軽にかわいくまとめられる柔らかい髪質を羨む声も複数寄せられています。自分にないものに心が惹かれるのかもしれませんね。

クセがあって整いにくい

「柔らかい髪質」に憧れを持つ声もありましたが、当事者のなかには不満を持ったり悩んだりする人もいるようです。

『広がる癖毛。ヘアアイロンで伸ばさないとならないから嫌い。今は顎のラインまでのボブ』

『天パで量が多い。ショートボブにしているが、髪の毛が自然に落ちてきて嫌になる。縮れ毛がたまに混ざっていて、ハサミでカットしている。毎月トリートメントに行っているのに……』

『天パ。若いころから白髪がある。めちゃ嫌い。縮毛矯正をしているし、35歳で白髪だらけだからリタッチに月1回行っている』

『縮毛矯正の美容院代が高いのがつらい』

リッチなトリートメントや美容液で潤いを与えたり頭皮マッサージで血行をよくしたりすることで、弱ってしまった髪でも回復を望むことはできます。しかし、もともと髪に強いクセがあると自分の努力だけではお手上げになってしまうこともありますよね。そのような場合はプロの手を借りるのも一つの手で、実際に定期的に美容院で縮毛矯正やヘアカラーを施しているとのコメントも届いています。ほかに、パサパサだったり広がってしまったりする悩みも寄せられました。ヘアオイルの保湿力は高そうですが、ペタッとしてしまうこともありますよね。クセのある髪質はとにもかくにもお手入れに手間がかかるようです。

不満があっても考え方は年齢とともにかわる

『かたい、黒い、量多い、癖毛。大嫌いだったけど、この年になって「薄くて抜けやすくなるよりはいいのかなぁ」とやっと思えるようになったかも』

『今のところは嫌い。量が多くて、かたい髪質。ただ、同じ髪質の母を見ていると、いまだに艶々して衰えていないから、「年を取ったときにようやくよかったと思えるかも」と期待』

若いころは欠点にように感じていた髪質が、年齢を重ねたら美点にかわったとの意見もありました。長いあいだ頑張ってお手入れを続けるうちに、嫌いな髪質も自分の一部と見なして愛着がわいたのでしょうか!? また、今はまだ嫌いでも髪質が同じ母親の、艶々で衰えていない美髪を見て未来へ期待したいとの声もありました。気持ちに折り合いをつけることで、多少なりとも不満が緩和されるかもしれませんね。

アレンジやスタイリングがしやすい髪質であってほしいものの、アンケートでは約6割のママたちが「嫌い」と答えました。とはいえ、髪質の改善や保護に熱心に取り組んでいる様子もうかがえました。手をかけ続けることで不満がいずれ美点にかわるかもしれませんよ!

文・ななみや 編集・みやび イラスト・善哉あん

【つぎ】の記事:<義姉夫婦が育児放棄?>甥っ子に「おばさんの家で暮らしたい」と言われた。どうする?【前編まんが】

ななみやの記事一覧ページ

関連記事

太くて濃いアイラインはママ受けNG!なのにそのメイクをする理由とは?
目に施すメイクのひとつ「アイライン」。目のふちに線を引くことによって、目を大きく見せたり目の形をくっきり見せたりなどの効果があるようです。みなさんはアイラインを引くのが得意ですか? またどんな...
子どもを産んでから抜け毛がすごくて悲しい……。出産後のヘアケア対策どうしてる?
産前・産後はママの体にさまざまな負担がかかっていいます。そのため体調不良や、メンタル的に落ち着かない日々が続くなど、困った経験が1つや2つある方もいるのではないでしょうか。今回ママスタコミュニ...
<老けていく私>【前編】運転免許証の写真がひどい!いやそれが現実かも?免許更新で知る老いの歴史
運転免許証の写真の写りが悪くてお悩みのママはいるでしょうか。運転免許証の写真は個人を識別するためのものであり、決して写真を盛る必要はありません。が、運転免許証は一度更新すると3〜5年は使用する...
参考トピ (by ママスタコミュニティ
自分の髪質って好きですか?