いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

manga

<義母へ告げグチ旦那>止まらない涙「立場がなくて消えたい」旦那がとった行動は……?【後編まんが】

前回からの続き。夫婦喧嘩を旦那が義母に伝えていたことが発覚。自分の悪口を言わないと思っていた旦那に裏切られ、仲良しだと思っていた義母に諭され、私はひどくショックを受けたのでした……。
後編01.夫婦喧嘩を近距離に住む義母へ伝えていた最低の旦那!ショックを受ける妻の選択は

後編02.夫婦喧嘩を近距離に住む義母へ伝えていた最低の旦那!ショックを受ける妻の選択は
子どもたちの寝顔を見ていると、少しだけ冷静に客観的に義母の気持ちを考えることができました。

後編03.夫婦喧嘩を近距離に住む義母へ伝えていた最低の旦那!ショックを受ける妻の選択は
夫婦だからこそ、家庭内の出来事は他言してほしくないことが多いでしょう。特に身内に恥をさらしたくはありません。
これからずっと付き合っていく義母に失望してほしくありません。ただ私の言い方も、旦那をそこまで追い詰めてしまったのかもしれません。
自分も相手を思いやることを二の次にして、自分の気持ちだけを考えていました……。責任を感じて、義母へ誤解をときにいってくれた旦那を見習って、私も私の悪い部分を見つめなおしていかなければいけないな、と考えさせられました。

原案・ママスタコミュニティ 脚本・物江窓香 作画・まゆか! 編集・木村亜希

【つぎ】の記事:<クセ強め!義母>「娘はまだ生後3か月ですよ!」旅行を勝手に決める義母……困った【第1話まんが】

※この漫画はママスタコミュニティに寄せられた体験談やご意見を元に作成しています。

関連記事

<旦那の隠し子は30歳!?>16歳の過ち!「はじめまして」家へやってきた人物は?【第1話まんが】
これは1年前の話です。私、米村朋花と旦那の雅彦は共に46歳。私たち夫婦は今年で結婚15年目、ミユという中1の一人娘がいます。ある日、見慣れない男性がわが家を訪ねてきました。休日だったので旦那が出たので...
<義母へ告げグチ旦那>「母さんは俺の味方」隣に住む義母と関係良好だと思っていたのに【前編まんが】
私(美咲)と旦那(真一)はお互い40代。小学生の息子と娘がいます。 旦那の実家とは徒歩3秒という超近距離に住んでいますが、義母はとても優しく日々助かることも多い(ご飯のおすそ分けや突然の外出で子...
<クセ強め!義母>「娘はまだ生後3か月ですよ!」旅行を勝手に決める義母……困った【第1話まんが】
私は首都圏に旦那と1歳6ヶ月の娘と3人暮らし。義実家、実家ともに1時間半ほどの場所にあります。 娘を産んで以来、義母が初孫フィーバー中。義母は50代とまだまだ若く、それでいていつも元気。子どもを...