いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

manga

<家族のカタチ>価値観を押しつけないで!「ちゃんと」ってなに?【第4話まんが:妹の気持ち】

前回からの続き。私はマキ。地方に住むフツーの25歳。人と変わったところなんてないと思う。でも強いて言うなら母親が小学校の頃に亡くなっていること? 私の歳だとあまり聞かないから。あと、少し前に離婚しちゃって、今は娘のユイ(4歳)と一緒に実家にお世話になっている。元旦那の涼介は中学からの同級生。高校のときから付き合っていて、子どもができたから結婚したけれど、結婚生活はすごくつまらなかった。2つ上のお姉ちゃん(咲)はしっかり者で、現在妊娠中。どうやら里帰りを考えているみたいなの。
4-1

アパレルの仕事はずっと続けている。子どもがいると仕事は大変だけど、好きなブランドの服だし、今のところ辞める気もない。仕事で疲れて帰ってきても、実家にいれば誰かが世話をしてくれる。「ユイはかわいいねえ」なんて、じいちゃんばあちゃんも父も歓迎してくれている。涼介もずっと協力的。それなのに、お姉ちゃんがいちいちうるさい。離婚したのに涼介が実家に来ているのがイヤみたい。
4-2
グレた経験のある私と比べたら、お姉ちゃんはそこそこ優等生。昔から小うるさいところがある。

4-3
ちょくちょく涼介が実家に来るのは、そんなにいけないことなの? お互いの生活態度に口出しをしなくなった分、涼介とは前よりうまくいっている気もするし。お姉ちゃんはたまに、「マキはずっと誰かといないと寂しいんでしょ」なんて言ってくるけれど、それも正直何を言っているのか理解できない。それからしばらくたって、結局お姉ちゃんの里帰りはなくなったと父から聞いた。
とにかく、あれこれ先を考えたって仕方ない。母だって若くして亡くなった。結婚も離婚も想定外だった。今の生活ができなくなったら、そのときに考えればいいと私は思っている。お姉ちゃんの言う「ちゃんと」が、私の正解なわけではない。

原案・ママスタコミュニティ 脚本・rollingdell 作画・りますけ 編集・荻野実紀子
【つぎ】の記事:<悪口大好き!義母>新婚時代、義実家訪問でびっくり!ストレス発散?止まらない義母【第1話まんが】

バナー
※この漫画はママスタコミュニティに寄せられた体験談やご意見を元に作成しています。

関連記事

<娘と継父の真実は……?>家族よりお金を大事にする夫と離婚。私が娘の笑顔を守る!【第1話まんが】
私(アヤコ)は娘のミクが6歳のときに、元夫のダイゴと離婚をしました。原因は金銭感覚の不一致でした。 ひとりで子どもを育てるのは大変です。しかしダイゴの機嫌を伺い、少ない生活費で毎...
<家族のカタチ>理解不能!実家に入り浸る妹の元旦那に困惑。父の態度に違和感【第1話まんが】
これは1年前くらいのお話です。私、咲(27歳)は2人姉妹の長女。周りからはしっかり者だと言われます。2つ下の妹マキは自由奔放なタイプで、4歳の娘を育てているシングルマザー。私たちは早くに母を亡くし、実...
<同居17年、義母トラブルです>義妹の子お泊まり「世話しなくていい」と言うけど?【第1話まんが】
最近のお話です。私(マユミ)は結婚して20年、17年前から義両親と同居をしています。同居の当初はいろいろ気を使うこともあって、多少のもめごとやストレスもあったりしました。しかしその度に少しずつ話し合い...