いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

manga

<家族のカタチ>たとえ歪な形でも。今のにぎやかな家庭が心の拠り所【第3話まんが:父の気持ち】

前回からの続き。妻を亡くしてから、今まで必死に2人の娘を育ててきました。長女の咲はしっかりもの、次女のマキは自由奔放なタイプ。妻が亡くなったのは、娘たちが小学生のときでした。子育てに不安を覚えたため両親を頼ることにし、以来、この家で両親と一緒に暮らしています。
3-1

マキは中学の同級生だった涼介くんと21歳のときに結婚。しかし価値観の違いから、少し前に離婚してしまいました。孫のユイは4歳。可愛くてたまらない……。それにマキとは昔からなんとなく馬が合う。ときには、「お父さん、一緒に飲もうよ」なんて声をかけられ。普段は家事もやってくれるのです。ヤンチャをしていた昔のマキからは考えられないことです。この生活も悪くない……なんて思っていました。しかししばらくすると。
3-2
だが咲は……。

3-3
咲は手がかからず、いい子でした。それにいま妊娠中で大変なのも理解しています。いつも旦那の実家のことばかり良く言っているのだから、産前産後はあちらの実家にお世話になればいいとさえ思ってしまう自分がいるのも本音……。口には出さないが、とにかく今はそっとしておいてほしい。今の私には、このにぎやかな家庭が必要なんです……。

しばらくして咲からは、「出産前後の里帰りはやめました。旦那と義両親と乗り切ります」とだけ連絡がありました。素っ気なさが少し気になったけれど、それ以上に安堵しています。

【第4話】へ続く。
原案・ママスタコミュニティ 脚本・rollingdell 作画・りますけ 編集・荻野実紀子

※この漫画はママスタコミュニティに寄せられた体験談やご意見を元に作成しています。

りますけの記事一覧ページ

関連記事

<家族のカタチ>価値観を押しつけないで!「ちゃんと」ってなに?【第4話まんが:妹の気持ち】
【第1話】から読む。 前回からの続き。私はマキ。地方に住むフツーの25歳。人と変わったところなんてないと思う。でも強いて言うなら母親が小学校の頃に亡くなっていること? 私の歳だとあまり聞かないから。...
<家族のカタチ>理解不能!実家に入り浸る妹の元旦那に困惑。父の態度に違和感【第1話まんが】
これは1年前くらいのお話です。私、咲(27歳)は2人姉妹の長女。周りからはしっかり者だと言われます。2つ下の妹マキは自由奔放なタイプで、4歳の娘を育てているシングルマザー。私たちは早くに母を亡くし、実...
<育児を丸投げママ>義姉が家にくる週末がツラい「いい母親になれるよ」に嫌悪感【第1話まんが】
5年くらい前の話です。私は大久保サナエ、24歳です。夫とは2年前に結婚をし、義実家で同居をしています。日中は仕事をして、夕方に帰宅。義母と一緒に料理をしたり、夫や義両親と食事をとったり……、義両親との...