いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

<育児への価値観>育児の教育方針や価値観が違うとき、トラブルにならないために……【第3話まんが】

前回からの続き。これは半年前のエピソードです。妊婦のときからのママ友ミユキちゃんと、ひさびさに親子で遊びました。するとミユキちゃんの息子トキくんが、うちの裕也を叩いてしまいました。怒ったミユキちゃんはトキくんを叱り続け、ミユキちゃんたちは早々に帰ってしまいます。久々の再会を楽しみにしていた私も息子も、ショックから気持ちのやり場に困りました。私はその晩ミユキちゃんに連絡したのですが、思いがけず言い争いになってしまったのです。妊婦からずっと一緒だったミユキちゃんは、ある意味「戦友」のような存在だったのに……。翌日共通のママ友であるチエちゃんに昨日のことを話しました。
3-1

私は、チエちゃんがミユキちゃんのことを「ああいうママ」と呼んだのに驚きました。
まんが-1
チエちゃんの言葉からはミユキちゃんはもちろんのこと、ママ友とうまく距離をとって付き合っている様子がうかがえました。もしかしたらチエちゃんは、意図して昨日参加しなかったのかもしれません。

3-3
すぐに謝れなくても、遊んでいるなかで「さっきはごめんね」と、落ち着いたら言えることだってあると思います。それにずっと怒鳴り続けて謝らせても、“母親が怖いから”謝っただけになると思います。なにより一緒に遊んでいる人に失礼だという思いが拭えません。教育方針がまったく違うママとずっと仲良くするのは難しいことなのかもしれません。

【第4話】へ続く。
原案・ママスタコミュニティ 脚本・rollingdell 作画・りますけ 編集・荻野実紀子

※この漫画はママスタコミュニティに寄せられた体験談やご意見を元に作成しています。

りますけの記事一覧ページ

関連記事

<育児への価値観>他者と遊べない息子に悩む。私も楽しみだったのに【第4話まんが:ママ友の気持ち】
前回からの続き。一人息子のトキの子育てに参っています。とくにお友だちと遊ぶときに手が出てしまうのをやめさせたいのですが、直りません。友だちと遊ぶとき、毎回というわけではないのですが、何回かに1回は手が...
<育児への価値観>罰を与えるママ友「謝れないなら遊びは終了!」教育方針に困惑……【第1話まんが】
これは半年前のエピソード。私(里美)は5歳の男の子(裕也)のママです。先日、引っ越してしまったママ友ミユキちゃんとミユキちゃんの息子トキくんとひさびさに会う約束をしました。おそらく半年ぶりです。子ども...
<娘の結婚に反対デス!>「結婚します」娘の成長に涙。しかし婚約者が……問題アリ!【第1話まんが】
私は西村マサミ。先日娘のリナから話があると言われ、内心ドキリとしました。 リナ:「あのね……今お付き合いしている人と、結婚を考えているの」 娘の笑顔を見つめながら、私は感慨深くなってしまい...